期間工って聞いたことあります?

 

聞いたことはあるけど、期間工をやったことがない人がほとんどだと思います。しかし「お金が稼げる!」という噂は結構聞くので、気になっている人は結構いるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、スバル(富士重工業)の期間工を6ヶ月満了した管理人が、期間工の生活の実態、働いている人々、失敗談などなど、リアルな期間工体験談としてご紹介致します。

 

もし期間工をやるならスバルがおすすめですよ!
この記事が、もし今後スバルで「期間工をやろうかな」って思っている方の参考になればうれしいです!

 

期間工とは?

まずはじめに、期間工ってどのようなものなのでしょうか!?

 

おそらく大部分の人は、自動車メーカーで、「決められた契約期間のもとで働く人」のことを思い浮かべるんではないでしょうか?

 

はい、大体あってます。

 

期間工の種類には、自動車の他にも、「精密機械」「工場」など様々な職種があるようですが、今回は期間工といえばほぼ「自動車」なので、自動車メーカーの期間工について自分が経験したことを綴っていきたいと思います。

 

大卒の私はなぜ期間工になったのか?

 

こんな人ってめずらしい・・いや日本中の期間工の中でも0.00001%位ではないでしょうか!?

 

私は大学で就職活動をせず、卒業してすぐ期間工になりました。本物のバカです。

 

いやでも、これには理由があるんですよ。

 

私は、10代の頃からスノーボードをやっていて、割と本気で取り組んでいました。カナダとか外国に数ヶ月籠もったり、スキー場のシーズン券を買って1シーズン100回以上スキー場に通っていたりしたので、スノーボードのプロも狙っていました。

 

でもスノーボードってメチャクチャお金がかかるんです!毎シーズン用具一式新調して30万位、スキー場のシーズンパス8万位、それからガソリン、昼飯、遠征等々、1シーズン100万円以上かかります。

 

当然若い自分にはそんな大金がありませんしちょっとアルバイトしただけじゃ稼げる金額でもない、更に家が貧乏だったのでお金を援助してくれるわけもありません。

 

なので、シーズンが終わった春夏秋で、昼夜問わず働いて100万以上稼いで、冬は一切働かずにスノーボード活動に集中する。そんな生活を続けていた学生時代。

 

当然そこまで徹底的にやるからには、本気でプロのスノーボーダーにならないと気がすまなかった為、就活は一切せず、大学を卒業しても、スノーボードを続け、3年経って芽が出なかったらきっぱりスノーボードは辞めて就職しようと思っていました。

 

そこで大学を卒業してから、どうやってスノーボードシーズンの資金を貯めるかを調べていたら、アルバイト雑誌の1番裏にいつもデカデカと載っている広告に気付いたんです。

 

それが、自動車メーカーの期間工の広告でした。

 

そこに記されていた内容を確認すると、「寮費タダ」「月収30万~40万」「入社祝い金」「満了祝い金」など景気のいい話しが沢山記載されているではありませんか!

 

「これはいい!お金はほとんど使わずに貯めることができる!」

 

そこで、私は自動車メーカー大手の「トヨタ」「スバル(富士重工業)」の面接を受けることにしました。ある程度大きな都市であれば、月に数回とか面接会を開催しているので、自分の都合のいい日にちで面接に行ってみました。

 

そこで15分程度かな、簡単な面接を行ったんですけど、なぜか「トヨタ」は不合格!「スバル」は合格だったので、私はスバルのお膝元の群馬県太田市に行くことになりました。
※ちなみに赴任旅費は採用後きちんと働けば給料に加算されますので安心してください。

 

てか「トヨタ」の期間工落ちるって、「マジかっ!って思いましたよ」そんな落ちこぼれ??ってちょっと自分に自身なくなりました。

もし「トヨタ」の期間工に合格した方は安心してください。私より高スペックです(笑)

 

期間工はスバルがおすすめ!

スバルのお膝元、群馬県太田市に期間工として乗り込んで、適正検査?みたいなのをやって、しばらくフロアで待っていると配属先が発表されました。

 

自分の配属先は、矢島工場、トリム課という場所。私は20代半ばだったのですが、班長の方の40代後半を除けばほとんどが20代~30代という若い方ばかりの班でしたね。

 

ちなみにトリムでは、レガシー、フォレスター、インプレッサ等のラインで「インパクト」を使って車のボディに部品を取り付ける仕事を任されました。

 

仕事は肉体労働の為、かなりきつかったけど、本当にお金がじゃぶじゃぶ貯まっていったので、スバルの期間工はマジでオススメですよ。

 

寮費、水道光熱費がタダなのでほとんどお金がかからないのに、月収30万以上、残業が多い時で35万、帰省旅費、社食、そして6ヶ月満了したので、満了金30万、そして家に変えるのでまたまた帰省旅費とか・・・とにかくお金が貯まる6ヶ月でした。

 

スバル期間工の生活

 

先程お金の話をしたように、「期間工ってお金貯まるよ」っていう話はよく聞きますので、「期間工をやりたい!」「興味がある!」という人は結構いると思います。でも生活の実態は謎ですよね。

 

なので、期間工を6ヶ月満了した私がリアルにどんな生活を送っていたのかをご紹介します。

 

スバル期間工の仕事

スバル期間工の仕事っていっても、膨大な種類がありますので、すべてを説明することはできません。

 

しかし私が働いていた矢島工場のラインでは、ラインでの「組み立て」「部品の取り付け」「検査」「車両に乗って部品の補給」「フォークリフトで部品の荷卸や移動」なんかがあったと記憶しています。

 

その中でもやっぱり「ライン作業」はキツイです。ラインのスピードは早いし、車が自分の作業範囲を通り過ぎるまでに、決められたすべての部品を取り付けなければいけないので正確さに加えて、効率も求められます。

 

最初はきつくて、いつも間に合わず、先輩に助けてもらっていましたが、やっぱり慣れがあるので徐々に正確性、効率は良くなってきてスピードがかなり速くなり、1人でできるようになります。

 

楽な仕事はありませんが強いて言うなら「フォークリフト」は結構いいかなと感じます。もちろん長く乗っていればきついのは間違いないですが、肉体的なきつさが「ライン」に比べて少ないので、同じ期間工の「フォークリフト」の方は結構仕事終っても元気でしたよ。

 

職種によりますが早い方で2週間、遅くても1ヶ月で自分の工程の作業は慣れると思います。しかし私が、スバルで6ヶ月間働いていてココだけは慣れることがなかったという事が一つだけあります。

 

それは、夜勤と日勤が交互にあるので「体内時計がかなりずれる」ということです。

 

配属先にもよるのかもしれませんが、私の配属先の矢島工場では「日勤だけ」「夜勤だけ」というものが存在しないので土日をはさんで交互に「日勤」「夜勤」がやってきます。

 

これが全然慣れないんですよね。休日明けにはよく「寝不足」になって、ラインであくびばかりしていました(笑)

 

スバルの期間工の休日!

スバルの期間工の休日は、週休2日(土日)です。

 

寮に車を持ち込んでいる人はどこにでも行けて良いと思うんですが、私は車を持ってきていませんでしたので、毎週のように、寮のある邑楽郡から電車で太田駅→バスに乗り換え太田市のイオンモールで買い物をしたり、本屋さんで立ち読みをしたりしていました。

 

やっぱりお金があるんで使い過ぎてしまいましたね。お金貯めにきたはずなのに普通に休日は一万円とかなくなってました(笑)

 

あとは、持ってきたパソコンでひたすら借りたDVDを見たり、買ってきた小説を読んだりして、かなり仕事が忙しかった割には自分の時間も満喫できて嬉しかったですね。

 

でもイオンや、街を歩いていると自分と同じ年位の男が、嫁さん、子供と一緒に歩いていたり。そんな時は「俺ってこのままで大丈夫なんだろうか?」ってちょっと不安になったりもしました。

 

休みの日のごはんは、寮の近くに昔なつかしのラーメンが食べれる「サロマ」とか自転車で少し走った所にあった「すき家」に行ってましたね。「寮メシ」「コンビニ弁当」ばかりでは飽きるので外食は楽しみの一つでした。ちなみに寮で自転車は貸してくれます。

 

スバルの期間工、夜の楽しみ!

スバルの期間工の夜の楽しみといえば、やはり太田駅を出てすぐに見えてくる歓楽街でしょうか!?

 

卑猥な名前のお店がいっぱいあります。自分は「スノボの為だ!」って矢島工場の同じ班の仲間から誘いがあっても断っていたのですが、たまに年上の期間工の方や班長がおごってくれたりしたんです。その時はおおいに楽しませていただきました!

 

仕事はキツイこともあるし、配属先によってはストレスが貯まるスバルの期間工生活、たまには羽目を外して太田駅の歓楽街で遊ぶのも良いかもしれません。

 

ちなみに私は、太田駅の近くのキャバクラで仲良くなった同年代位の女子大学生と普通にお友達になり、たまにご飯食べに行ったり、買い物に付き合ってもらったりしていました。

 

まあ、そんな出会いも「期間工」やってたからですね。彼女、嫁さんがいる地元で働いていたらそんな怪しいことは絶対できません(笑)

 

スバルの期間工の寮生活

やっぱりこれからスバルの期間工を考えている人が気になることといえば、スバルの寮生活。

 

これに関しては何件かある寮すべてに行ったわけではないですので、自分が住んでいた邑楽郡の寮のことしかわかりませんが、一言で言えばまあ「住めば都」って感じです。満了までの6ヶ月間、快適に過ごせました。

 

寮の風呂は大きくて、気持ちよいです。古さはありますが、特別汚いってわけではありませんので、よほどの潔癖症の方でなければ全然大丈夫です。(例えるならばちょっと古い時代の銭湯くらい)ちなみに私は潔癖症の気が少しありますが、直ぐに慣れました。慣れれば快適で、他の期間工同士の良いコミュニケーションの場ですよ。特に仕事が終った後の風呂場は期間工でごったがえしますので、ワイワイガヤガヤみなさん楽しそうでした。

 

「一人でゆっくり浸かりたい」という方も大丈夫、スバルの期間工は日勤、夜勤と分かれていますので、風呂の開いている時間も長く、空いている時間は結構ありますので。

 

トイレも同じですね。ちょっと古い市役所のトイレって感じですが、汚くはありません。たまにオッサンがとなりのトイレの個室に入ってきて、「大きな音で屁をこく・・・」それくらいですかね。気になるのは(笑)

 

風呂もトイレも古いですが、きちんと寮の職員の方が清掃してくれていますので、全然快適に使えます!感謝ですね。

 

個室に関しては、2人部屋ですが仕切りで区切られていますし、相方がプライベートを大事にする方だったのでコチラも快適に過ごせました。特に心配する必要はないと思いますが、本当にへんな人に当たれば部屋を変えてくれるらしいので安心です。

 

やっちゃった失敗!

やっちゃった失敗をこれから話します。

 

これはマジで大事なことですので、スバルの期間工になりたい人はよく覚えておいてください。

 

入社時に、握力テストをしました。そこで負けず嫌いな私は「俺の握力を見やがれ!」位の気持ちで思いっきり握って職員の方が関心するほどの握力を計測したんです。その結果が今後の期間工での仕事に大きな影響を与えるとは知らずに・・・

 

いいですか、覚えておいてください。

 

握力テストで、言い記録を出した方は多分「トリム」という課に配属されます。トリムは工場のラインで部品をインパクトや素手で取り付ける作業を行うんですが、「超絶キツイです!!!」

 

毎日インパクトの握りすぎで握力がおかしくなり、体中が筋肉痛、「湿布」「アリナミンEX」「バンテリン」の三点セットに加え、朝昼の2回「栄養ドリンク、グロンサン」が手放せなくなります。

 

体力が不安な方は、不自然にならない程度に「握力計」を握ってあげると良いでしょう。ペイントなどの比較的体を酷使しない課に配属されます。

 

とりあえずこの記事を見た、スバルの期間工の志望者は私と同じ失敗をしないようにしてください!

 

スバルの期間工から正社員になれるの?

もしなれるのであれば、大企業ですからスバルの正社員になってみたいですよね。

 

しかし私が6ヶ月働いていた期間で正社員になった人はひとりも知りませんし、班長はおろか、同じ期間工の仲間の話の中でも正社員登用の「セの字」も出てきませんでした。

 

恐らくかなりの狭き門かなと感じます。実際2年も真面目に期間工を続けいてる方が同じ班にいたのですが、全くそういう話はないようで、ずっと期間工のままでした。

 

もし、興味があるのであれば、面接時ではなく、実際に期間工を始めてから配属された班の班長に聞いてみるのが一番いいのかもしれませんね。

 

でも正社員を目当てに期間工になるのは、辞めておいたほうがいいです。運がよく正社員登用をされる方もいるかもしれませんが、いつまで経ってもなれない可能性も十分ありますので。

 

やっぱり落ちこぼれ的な人はいた

スバルの期間工をやる人にもやっぱり「落ちこぼれ」的な人はいました。

 

1日ですぐいなくなる人、毎日遅刻ばっかりする人、パチンコばっかりやってお金を浪費する人、風俗に溺れる人等。

 

この人は、何を目的に期間工をやっているんだろうって感じる人が沢山いました。

 

でもそんな人ばかりではなく、「大半は失業して家族に仕送りする為」「スバルで正社員を目指している為」「農家や工事関係者で繁忙期以外は期間工をやって稼いでいる人」「夢の為に貯金をしている方等」、真面目な人も結構います。

 

頑張ったご褒美!満了祝い金!

 

私は結局期間工時代、6ヶ月満了、しかも「無遅刻」「無欠席」「無早退」で乗り切ることができました。かなり奇跡的ですね。班長さんも「期間工ではめずらしい事例だ」と褒めてくださいました。

 

「お金が貯まるから」という目的でスバルの期間工をやっていたら恐らく「キツさ」でやめる可能性が高いです。(実際多かったです)

 

しかし私のように「スノーボードの為にお金を貯める」「家族に仕送りをする」「夢の為」などなど、何か「目的」をもって期間工を選ぶのであれば、そもそも「退路」がないため「キツくて」辞めるなどという心配はしなくても良いと感じます。

 

ちなみに私は、スバルの期間工でしっかり貯金70万+満了金30万=合計100万ほどの稼ぎを蓄えました!

頑張ればしっかりお金というリターンが帰ってきますので安心して期間工にトライしてみてください!!

 

まとめ

スバル(富士重工業)の期間工をしていた、私のリアルな体験談をお伝え致しました。

 

期間工のお仕事、休日の過ごし方、お金のことなどを理解していただけたかなと思います。

 

私自身、冬のスノーボードシーズンの資金をがっぽり貯めることができて嬉しかったのですが、何より期間工を「無遅刻」「無欠席」「無早退」で6ヶ月やりきったという達成感がか自分にとってかなり自信に繋がったと感じています。

 

私の班の班長さんが言っていたのですが、

「スバルの期間工できちんと仕事が勤まればどこへ行っても大丈夫だから」

 

結構「過酷さ」などネガティブな印象が多い期間工ですが、やってみると得るものが多く、私的にはストレスが多いブラック企業で神経をすり減らすよりも全然期間工の方が楽ですね。

 

私自身期間工で養った「根性」「真面目に仕事を取り組む姿勢」は現在の職場でも大いに役立っていますし!

 

あなたがもし「期間工」をやることにまだ迷っているのであれば、是非一度やってみて下さい。合うか合わないかはやはり体験してみないとわからない世界ですので!