村田諒太が引退を決断か!?一世一代の世界戦に敗れる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

引用:news.yahoo.co.jp

村田諒太選手が世界戦で
相手をダウンさせるなど
優勢に思えた試合でまさかの判定負け!

この判定に関してかなり物議がありましたが
負けという事実は変わりません。

気になるのは今後の村田諒太選手が
引退するのか再挑戦するのかですよね!

気になる今後を考察してみました!

村田諒太プロフィール

それでは村田諒太選手の詳しい
プロフィールを確認しましょう

名前:村田諒太

生年月日:1986年1月12日

出身地:奈良県奈良市

血液型:AB型

所属:帝拳ボクシングジム

階級:ミドル級

憧れのボクサー:山中慎介

奈良県出身のプロボクサーで
ロンドンオリンピック金メダリストの称号を
持つ村田諒太選手。

3人兄弟の末っ子として生まれ
小学校6年生の時に両親が離婚
(離婚後も同居)

そんな家庭環境が嫌で嫌でたまらなかった
村田諒太選手は中学生時代にケンカを
頻繁に行うなど荒れた生活を送ります。

そんな中当時の担任の先生が村田諒太選手を
なんとか公正させようと
「おまえ、なんかやりたいことないんか?」
と言われ、村田諒太選手は
「ボクシングなら、やったるわ」と答え
ここから村田諒太選手のボクシング人生が
スタートします。

その後担任の先生のはからいにより
奈良工業高等学校が主催するボクシング教室に
通いはじめる村田諒太選手ですが
あまりの練習のハードさに、2週間ほどで
教室に姿をあらわさなくなりました。

しかし、担任の先生の助言か、自分の中で
煮え切らない想いがあったのかもしれません

再び奈良工業高等学校のボクシングジムに
通い始めた村田諒太選手は怪我などがあり
練習に再度こなくなった時期もありましたが
除々に頭角を表すようになり
高校時代は5回タイトルを獲得しました。

東洋大学に進学した後も村田諒太選手の
勢いは止まらず、全日本選手権で初優勝、

そして世界での活躍も目立つようになり
2005年のアジア選手権では銅メダルの
快挙を成し遂げます。

その後の一度ボクシングを引退
東洋大学に就職、ボクシング部のコーチ等を
勤めますが、再度現役復帰し
破竹の活躍を続けていくうえで
皆さんご存知の通り、誰も予想していなかった
ロンドンオリンピックでの金メダル獲得という
快挙を成し遂げ、その後プロ転向します。

村田諒太選手のプロ転向には各方面から
「通用しない」など最初から「無理」
という言葉も多く聞かれました。

しかし村田諒太選手はそんな外野の声を
かき消し、デビューから5/20の世界戦
初黒星まで12戦で無敗、9KOという
素晴らしい成績を残します。

村田諒太が世界戦に敗れる!

5/20のWBA世界ミドル級王座決定戦
級1位のアッサン・エンダム(33、フランス)
から4回にダウンを奪い、その後の5回、
7回とロープダウンともとれる勢いを
見せながら、判定により破れました。

この世界戦の敗戦にはテレビを見ていた
方々も、関係者誰もがなんで!?
と騒然となりましたね

管理人も勿論世間と同じように
思いましたが、気になった所といえば
1Rに殆ど手数を出さなかった所
挑戦者としてジャッジに悪影響を
与えたのではと感じました。

またコンビネーションが少なく
右オンリーで、固めて手数を
出さなかったのが響いたのではないかと
思います。

この世界戦は一世一代の勝負と
意気込んていましたし
村田諒太選手は十分勝てる相手だったと
思います。

世界戦での敗戦は終わってしまったことです
のでしょうがないですが
かなり後味の悪い試合になってしましました

村田諒太は引退を決断するのか?

気になる村田諒太選手の引退の可能ですが
世界戦後村田諒太選手はインタビューに
こう答えています。

「気持ちの整理が必要です

多くの方々に助けてもらって

実現した舞台

試合が決まってから集大成を

見せようと努力してきた

負けたからもう一回頑張ると言える程

簡単な日々を歩いてきたつもりはない」

年齢も30代ですから、本当に村田諒太選手は
この世界戦に人生のすべてを賭けて挑んだと
思います。

ですから、今は上記の通り直ぐに「再挑戦」
とは言えないでしょう!

すべてを出し尽くして、一旦は燃え尽きた
でしょうし、また「再挑戦」ともなると
その自分の中にある炎を再着火するには
何かしらのキッカケが必要です。

あまりに、惜しい試合で村田諒太選手も
今回ばかりは悔いが残る状況でしたので
引退はないと思いますが
今後の展開に注目したいところですね!

トレーニング技術の進歩で引退はまだ先?

引用:geinou-resistance.info

一昔前では20代後半で引退する選手が
多くて、30歳を過ぎてプロを続けること
自体が異例だったボクシング界ですが
現在ではトレーニング技術の進歩により
30代~40代でも世界戦などで活躍する
選手が数多くいます

トレーニング技術の進歩とは

  • トレーニングに科学のちからを取り
    入れることで生産性で効果的な練習
    方法が編み出された
  • 昔のように、ファンの影響力で
    試合を多く行い、試合間隔も狭いと
    いうことがなくなった
  • 食事による栄養、健康管理等が
    アマチュア~世界戦を戦える程の
    トップレベルの選手まで浸透してきた

ですので人によってはピークとされる
20代の頃よりも30代の方が肉体的にも
ピークに持ってこれる選手が数多く
生まれたことがボクシング選手の引退年齢を
上げた要因と推測されます。

ですのでまだ30代前半の村田諒太選手は
引退するのにはまだ早いですし、ファンも
望んでいません。

本人のことは本人が決めるでしょうが
ファンのためにも再度世界戦を戦って
ベルトを獲得して欲しいですね!

まとめ

世界戦での敗戦は日本国中に衝撃を与え
村田諒太選手も相当悔しい思いでしょう。

更に今後は去就に関して「引退か?」
「再挑戦か?」この2つの選択肢に対して
注目が集まります。

どっちを選ぶにしろ村田諒太選手には
悔いのない決断をして欲しいですね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする