UAEオマル選手プロフィールと所属クラブから欧州移籍の可能性は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サッカーロシアワールドカップ

アジア最終予選 日本 VS UAE

いよいよですね。

この中東の強豪国において

一番警戒しなくてはいけない選手がいます。

それがアフロへアーが特徴の中東のファンタジスタ

「オマル・アブドゥラフマン」選手

彼はいったい何者なのか?

オマル選手のプロフィールや所属クラブでの活躍

欧州移籍の噂について迫っていきます。

オマル・アブドゥラフマン(UAE)

プロフィール

本名:オマル・アブドゥラフマン

国籍:UAE(アラブ首長国連邦)

出身国:サウジアラビア

所属クラブ:アルアイン(UAE)

生年月日:1991年9月20日(25歳)

身長/体重:173cm/60kg

利き足:左足

プレースタイル

アフロヘアーが特徴のゲームメイカー

UAEの至宝と呼ばれている選手です。

実際そのプレースタイル素晴らしく日本でいえば

中村俊輔などのファンタジスタと呼ぶにふさわしい

創造性あふれるアイデアを持っており

中盤2列目からのゴールに絡む決定的なパス

ペナルティエリア内外から打つ正確なシュート

そして左足から放たれる正確無比なフリーキックなど

現在アジアの中ではトップを争うプレーヤーの一人です。

プレーを見ていてとても楽しい選手ですね。

また今回のアジア最終予選などのように

大事な試合で決定的な仕事をするメンタルの強さも

持っており日本代表にとってはとてもやっかいな相手だといえます。

実際2015年のアジアカップ準々決勝では

彼の活躍により日本代表は苦しめられ

最後はペナルティキック戦にもつれましたが

本田選手と香川選手が外し敗退しました。

その時のオマル選手のチップキックは話題になりましたよね

ペナルティキックでチップキックや

センターにボールをけることは諸刃の剣なので

よほどメンタルに自身のある選手しかできません。

しかもアジア大会という重要な大会の

ペナルティキック戦でそれをできるのは

本当に一部の選手のみだと思います。

今回のロシアワールドカップアジア最終予選

日本代表VSUAE戦では彼が日本代表にとって

一番やっかいな相手となることは間違いなさそうです。

実際2016年に行われた日本代表のホームゲームでは

決定力不足という面もありましたがUAEに敗退しています

オマル選手は調子がよいときは手がつけられないほどの

切れ味鋭いドリブルやパスをみせ、

欧州で活躍する日本代表選手でさえ手玉にとるプレーを見せます。

彼のプレーに日本代表のDF陣は警戒が必要です。

オマル選手の生い立ち~現在の所属クラブ迄の軌跡

オマル選手の生まれはサウジアラビアの首都リヤドです。

当時サウジアラビアの有名クラブ「アル・ヒラル」の下部組織に

加入しており当時から才能あふれるプレーを見せ

将来が嘱望されるプレーヤーでした。

しかしオマル選手は15歳までサウジアラビアの国籍をもっていませんでした。

サウジアラビアはオマル選手に国籍を与えようとしますが

彼の家族に国籍を与えることは拒否しました。

その為オマル選手とオマル選手の家族はサウジアラビアの提案を拒否し

家族全員に国籍を与える提案をしたUAEに移住します。

その後UAEの有名クラブ「アル・アイン」に加入し

17歳でトップチーム昇格を果たします。

そこでの活躍から19歳のときにはUAE代表としてプレーするようになり

今ではUAE、アジアを代表する選手となったのです。

オマル選手の欧州移籍の噂の真相

オマル選手が21歳の時にイングランドプレミアリーグの強豪

マンチェスター・シティの練習に参加しています。

そこでオマル選手の若さと将来性に可能性を感じた

同クラブは4年契約の正式オファーを出します。

しかし、当時オマル選手は膝を故障中であったため

移籍は実現しなかったということです。

その後ロンドン五輪に出場したUAE代表ですが

イギリス、セネガル、ウルグアイという

強豪と同組になりグループリーグを敗退します。

しかし、そのロンドン五輪で

質の高いパスセンスや相手を切り裂くドリブルなど

圧倒的な存在感をみせたオマル選手は

欧州有名クラブのスカウト陣から注目の的となり

スペインのバルセロナ、イングランドのアーセナル、リヴァプール

ポルトガルのベンフィカなどのクラブから獲得オファーが来ます。

しかし、欧州移籍は実現しませんでした。

理由としては、「アル・アイン」側が求める移籍金の額が高いことや

オマル選手の「アル・アイン」への忠誠心が高いことなどがあるようです。

しかし、世界で活躍できる素質は持っているのですから

同じアジア人としては彼のビッククラブでの活躍を見てみたいですね。

まとめ

オマル選手は見ていて楽しい選手で

欧州で活躍できる実力をもっていることから

これからも応援したい気持ちはあるのですが

日本代表にとってはとてもやっかいな選手です。

ロシアワールドカップをはじめ、アジア大会など

今後も避けて通れない選手ですね!

また彼はまだ25歳ですので今後の欧州移籍にも

要チェックです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする