ノミバエがヒアリ壊滅対策の切り札として有効!?【閲覧注意】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノミバエがヒアリ壊滅対策の切り札?

神戸港で日本に入ってきたコンテナから
猛毒のヒアリが5月下旬に確認されて以来
ヒアリ大繁殖の懸念が日本中に広まっています。

そこでなんとかヒアリの繁殖を阻止するべく
今注目されているハエがいることをご存知で
しょうか?

そのハエとは「ノミバエ」です。

今日は「ノミバエ」とはどういったハエなのか?
またノミバエがヒアリの天敵といわれている
理由や、実際にどのようにヒアリを退治するの
かなど気になる情報を調べました!

ノミバエとは

ノミバエとはいったいどのような
「ハエ」なのでしょうか?

ノミバエはきっとあなたも見たことのある
家に発生するコバエのことで、体長が
0.5~0.6mm位です。

外見は「まるでノミ?」のように丸みを
帯びた体をしています。

そして色は黒褐色か茶褐色で、非常に
活発的で家の台所やゴミ箱周辺などの
水回りや臭気がする場所を
飛び回る本当にうっとうしいハエです。

しかも繁殖能力はものすごく
ちょっと台所に生ゴミを放置しようもの
ならあっという間に大量発生してしまい
かなり気持ち悪い思いをした方や
ノミバエ対策に頭を痛めた方は
自分を含めて結構多いのではないでしょうか?

ノミバエの寿命は10日ほどと短いのですが
上述したように次々と生まれますので、
うっとうしい状況がしばらく続くのは
その為です。

しかし、この人間としてみたら
「うっとうしい」以外何者でもないような
このノミバエが猛毒ヒアリ壊滅の
切り札になるかもしれないんです!!

それはなぜかとても気になります!

いったいノミバエのどういう特徴が
猛毒ヒアリの壊滅対策として有効
なのでしょうか?

ノミバエがヒアリを壊滅させる!!

ノミバエはなぜヒアリを壊滅することが
できるのでしょうか?

ノミバエはヒアリが体内から発生させる
フェロモンを感知し巣を発見します。

そしてヒアリを見つけたノミバエは
腹部にあるトゲをヒアリに突き刺し
約200個もの卵を産み付けヒアリに
寄生してしまいます!

そして、ヒアリの体内の卵からフカした
ノミバエのウジ虫はヒアリの体液を
吸ってどんどん成長します。

そして、ヒアリの頭部へ目指し、
ヒアリの脳を食べながら酵素を分泌し
結果的に頭部はドロドロに溶かされ
最後には頭部を落としてしまうようです。

そして頭部からノミバエの幼虫が
うようよと生まれてくるのです。

なんと気持ち悪い現象でしょうか?

ノミバエは通称ゾンビバエとも言われる
由来がわかりました。

そんな現象見たくも無い方が多数だと
思いますが、一部の好奇心旺盛な方には
動画を用意致しましたので、ご覧下さい。

【閲覧注意】

引用:RibonRoom

米国では既にヒアリ壊滅対策にノミバエを導入

ヒアリの被害が深刻な米国では既に
ヒアリ壊滅対策にノミバエを導入している
ようです。

米国ではヒアリによる被害が
とても深刻化しており、年間8万人以上が
被害に合い、そのうちの100人以上が
アナフィラキシーなどの影響で命を
落とします。

環境省は「米国で年間100人以上が死亡」
という記述を削除しました。
死亡例がないというわけではありませんが
具体例を見つけることが出来てない為です。
2017.7.19追記

経済的な被害も深刻で、
被害額は6000億円以上にのぼるとか…

その為、アメリカ農務省農業研究局が
「ヒアリ」対策の為、天敵である、
ノミバエを繁殖阻止の為に導入
しています。

日本でもヒアリの大繁殖が懸念される昨今
壊滅対策の切り札として「ノミバエ」を
導入する日が来るのかもしれませんね。

まとめ

ノミバエがヒアリ壊滅対策の切り札となること
がわかりました。

普段、うっとうしいだけだと感じていた
台所に発生するコバエの「ノミバエ」が
もしかしたら日本のヒアリ壊滅対策の切り札と
なる可能性があるとは誰が想像したで
しょうか?

米国に習い、日本でも手遅れの
状況になる前に「ノミバエ」を導入して
ヒアリ壊滅対策をする可能性もありそうですね。

1番は日本全国へ拡大する前に
食い止めることが先決なのは言うまでも
ありませんが…

次はヒアリを見つけたらどうする?処置や
症状、対処法に関する記事をお読み下さい↓

ヒアリを見つけたらどうする?刺された時の症状や対処、処置方法
ヒアリが日本で確認されたようです。ヒアリはとても攻撃的な蟻なので大繁殖しないか心配ですね。本日はヒアリを見つけたらどうすればいいのか?刺された時の症状や対処、処置方法までヒアリについて役立つ情報をお届けします。

この記事が気に入っていただけましたら
下記のSNSボタンでシェアしていただけると
今後の記事作成の励みになります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする