亀石倫子弁護士のwiki風プロフィール!タトゥー裁判や旦那・子供は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今メディア等にも頻繁に出演する
亀石倫子弁護士が美人、そして
腕も確かな敏腕弁護士として話題です。

今日はそんな亀石倫子弁護士の
wiki風プロフィールと題して、亀石倫子弁護士
の有名な裁判や、旦那、子供の存在などを
探っていきます!

亀石倫子弁護士のwiki風プロフィール!

美人すぎる!と話題の亀石倫子弁護士
のwiki風プロフィールです!

名前:亀石倫子(かめいしみちこ)

所属:大阪弁護士会

生年:1974年

出身地:北海道小樽市

寿司や運河で有名な小樽市出身の元道産子
の亀石倫子弁護士です。

亀石倫子弁護士の弁護士としての取扱分野は
「借金、債務整理」「離婚、男女問題」
「犯罪、刑事事件」など様々です。

亀石倫子弁護士の学歴はというと

・東京女子大学文理学部英米文学科
・大阪大学私立大学法科大学院

とのこと。

亀石倫子弁護士は東京女子大学英米文学科
をご卒業後に、一度「「通信系の会社」に
勤めた経験があるOLさんですが、
2005年に大阪市立大学法科大学院に入学され
2009年に卒業し、大阪弁護士会に弁護登録を
しています。

そして、弁護士としてのキャリアのスタートは
大阪パブリック法律事務所。

そして200件以上にもわたる弁護を経験し
2016年に独立し、法律事務所エクラうめだを
開設します。

亀石倫子弁護士のタトゥー裁判とは?

亀石倫子弁護士は40代と若いながらも
数々の有名案件を弁護してきましたが
最も有名なのは以下の案件です。

・2014年:クラブNOON風営法違反被告事件
・2015年:GPS捜査違法収集証拠排除決定
・2017年:タトゥー裁判

中でもタトゥー裁判については、有名で
医師免許なく、お客さんにタトゥーを入れた
として、彫師が医師法違反の罪で略式の
罰金命令を受けた、彫師の弁護を担当した際↓

其れはまだ人々が『愚』と云う貴い
徳を持って居て、世の中が今のように
激しく軋み合わない時分であった

このように谷崎潤一郎の小説『刺青』の一節を
紹介し、以下の持論を展開し、閉鎖的な日本
社会に対し、一石を投じます。

激しく軋み合う時代に、それでもなお、
守らなければならないものがあります。

世界中で愛され、
尊敬される日本のタトゥー。

その伝統を守り、
発展させてきた彫り師たち。

この裁判は、
それを守るための闘いです

イメージなどで、これまで築き上げてきた
タトゥーの文化を認めようとしない日本社会に
とって、この亀石倫子弁護士の発言はとても
意味のあるものだと感じます。

例えば、若者のピアスだったり、髪型だったり
過激なファッションだったりも同じです。

他人が自分の都合のいいように作成した
世の中の一般常識というものに惑わされること
なく、正論を言える弁護士は日本では
亀石倫子弁護士の他にはあまりいません

亀石倫子弁護士には旦那、子供はいる?

亀石倫子弁護士は40代で、バリバリの仕事が
出来る女性という感じがしますが、旦那や子供
はいるのでしょうか?

亀石倫子弁護士の事務所、インタビュー記事
ネットに広がる情報を調べました。

しかし、旦那はいるという情報はありましたが
子供はいる情報はありません。

そして、亀石倫子弁護士の旦那情報も
確証というわけではありませんので、真相は
不明なままです。

しかし、とても亀石倫子弁護士はとても美人で
すし、年齢的にも旦那、子供がいても何ら驚く
ことはありませんね。

まとめ

亀石倫子弁護士のwiki風プロフィールと題して
プロフィール、代表的なタトゥー裁判、
旦那や子供の存在について調べました。

女性問題や、警察を相手にしても真っ向から
勝負を挑む日本では数少ない、本物の正義の
弁護士とも言われる亀石倫子弁護士ですので
今後の活躍に期待したいですね!

こちらも戦う美人コメンテーターとして話題
三浦瑠麗さんの関連記事をお読み下さい↓

三浦瑠麗さんの旦那は外務省出身の超エリート三浦清志さんだった!
三浦瑠麗さんはワイドナショーなどで活躍する美しいコメンテーターとして有名ですよね。その旦那さんは国際問題に精通する外務省出身超エリートのビジネスマンの三浦清志でした。三浦瑠麗さんの国際政治学者としての活躍は影のブレーンの旦那さんの三浦清志さんの存在も影響しているのでしょうか!?

この記事が気に入っていただけましたら
下記のSNSボタンでシェアしていただけると
今後の記事作成の励みになります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする