黄砂の時期はいつまで続くの?被害を防ぐために個人でできる対策まとめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あれ?

花粉症じゃないのに目がかゆくて涙が出たり

鼻水がジュルジュル止まらなかったり…

最近ちょっとおかしいなと思ったことは ありませんか?

もしかしたら

その原因は黄砂かもしれません!

そういえば空をみてみると黄褐色に煙っているような…

今日は黄砂について

「日本での発生時期はいつからいつまで続くのか」

「発生原因と予想される被害の状況」

「個人でできる黄砂対策」

黄砂について知っておきたい情報をまとめました。

黄砂の発生時期っていつからいつまでなの?

実は黄砂の発生時期というものはなく

黄砂というのは一年中飛んでいて

少ない時期、多い時期があります。

多い時期が2月~5月の間で

その中でも一番被害が大きいのは4月です。

ですから4月の時期はニュースや気象情報で

黄砂予報などが出されるわけですね

冬はほとんどの乾燥地帯の表土が

積雪に覆われる為黄砂は発生しにくく

夏や秋は雨の影響で土壌が固くなり

黄砂はほとんど発生しません。

黄砂はどこで発生しなぜ日本に被害をもたらすのか?

黄砂の発生は中国の

ゴビ砂漠、タクラマカン砂漠、黄土高原など東アジアの砂漠で

発生した強い風によって砂が上空に巻き上げられ

その巻き上げられた砂が

上空の偏西風によって日本に飛来してきます。

日本へ飛来するスピードは約4日程かかるとのこと

今まで黄砂の被害といえば西日本が中心でしたが

最近では北海道、東北、関東など

日本全土に飛来しています。

中国からはこの時期P.M2.5の飛来もありますし

花粉、黄砂、PM2.5のトリプルパンチ!

ちょっと困ったものですね…

現在では中国の急速な経済発展の影響で

黄砂に有害な物質が混じり飛来することもありますので

注意が必要です

しかも黄砂の半分は日本と韓国に落下するそうですよ

黄砂の被害を防ぐために個人でできる予防対策

黄砂が飛来すると車のフロントガラスなどは

砂でザラザラになっています

ウインドウォッシャー液では取りきれず不十分ですので

洗車などをして完全に洗い流しましょう。

また車の下回り部分などにも

砂が入り込んでいる可能性があります

そのままにしておくと

サビの原因になる可能性がありますので

洗車で完全に洗い落としましょう

黄砂は海を渡ってやってきますので

塩分を含む可能性があり

それがサビの原因になるとのこと!

またせっかく干した洗濯物が

黄砂の被害で砂だらけになってしまっては

とてもショックですよね!

また布団などを屋外に干してしまうと

ひょっとしたら目に見えない黄砂が付着してしまい

その影響で寝ている時でもくしゃみや鼻水が止まらない

なんてことがあるかもしれません。

この時期布団は屋外に干さない方がいいでしょう。

また、黄砂時期に窓をずっとあけていると

必ず黄砂が家に入ってきますので注意しましょう。

窓の縁に砂が溜まっていたら黄砂が入り込んだ証拠です。

4月の黄砂の被害が多発する時期は特に天気予報などで発表される黄砂情報や

気象庁のホームページなどを確認しましょう。

また黄砂の粒子は花粉よりも細かいため

粒子が繊維を通り抜ける可能性があるため

PM2.5やウイルス対応のマスクが良いでしょう

また気管支が弱い、ぜんそく、アレルギー性鼻炎などの

症状を持っているお子さんがいる親御さんは

被害症状が悪化する可能性がありますので

長い間外で遊ばせないなど注意をしてください。

天気予報や気象庁のホームページなどで確認し

黄砂が多い日はできるだけ外に出ずに

屋内にいた方が被害を受けずに済みますね。

もしかしたら黄砂の影響で

目が痒くなってしまうことも考えられますので

そういった場合はメガネをかけましょう

痒いからと行って目をこすってしまうと赤く腫れ上がりますので

花粉、アレルギー用の目薬をさし、安静にしていましょう

家の中は空気清浄機をかけましょう

「HEPAフィルター」がつているタイプのものが

おすすめで黄砂やPM2.5などの細かい粒子が除去できます

また空気を浄化してくれますので部屋の中を新鮮な空気で保ち

効果は抜群といえます

そして窓は必要なければ開けないようにしましょう

まとめ

黄砂は人間や家畜の健康被害や

農作物が生育不良を起こしてしまうなど

社会的、経済的にみても大きな問題として注目されています。

現状黄砂を完璧に防げる100%の対策はないですし

今後も黄砂が増えることはあっても減ることはないので

春の時期は特に大変ですが

しっかりとした黄砂対策の準備をして

いつまで続くかわからない

黄砂による被害を最小限にとどめましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする