神楽島で謎の鉄球が発見!ということで勝手に3つの説を発表!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気になるニュースが飛び込んできました!

長崎県にある「神楽島」で何の用途かわからない謎の鉄球が発見されたのだとか!?これは気になります!今現在専門家による鑑定が進んでいるようですが、「謎」大好きな管理人は居ても立ってもいられず勝手に用途を検証し、3つの説を唱えてみました!

神楽島で謎の鉄球発見!!!

長崎市の式見漁港から北西約2キロの沖合に浮かぶ無人島「神楽島」から直径18・8センチ、重さ26キロの謎の鉄球が発見されたことが明らかになりました!!!

26kgってめちくちゃ重いですよね!!!

「謎の鉄球」って聞くとなんだか「戦時中の砲弾?」「隕石?」「宇宙人の仕業?」などと勝手に妄想が膨らみ、検証結果が出ないか今か今かとワクワクしてしまうのは管理人だけではないはず!!

また発見された場所がまたミステリアスですよね「神楽島」!!

神楽島の情報としては…

式見と畝刈との沖合いに浮かぶ無人島が神楽島です。神楽島を含めてこの式見地区には、神功皇后に関する言い伝えが多く、三韓を討伐に行く際に神楽を舞ったという場所がこの神楽島であり、「その式の様子を見に行った。」ということから式見という名前ができたともいわれています。 神話の世界の話ですので、実際にはよくわかりません・・・。式見の地名には樒(しきみ)という植物が多く生えていたからという説もあります。

う~ん。。。なんだか神聖な島のような気がしますね…
今回鉄球が発見された神楽島は近隣漁港から約2kmという場所柄釣り客も多く、岩場や洞窟などが多くある人が住むにはきつい岩場が多く存在する島とのこと!

神楽島ってどこにあるの?

気になる神楽島の位置ですが、以下の位置です。

長崎県長崎市

上述したように神楽島は漁港からアクセスがよいです。上陸するスペースはわずかしかありませんが、よく釣れるクロやメジナを求めて釣り客が多く訪れる島とのこと!

形から別名「うさぎ島」や「ぶた島」とも言われているそうですよ!

神楽島の様子

引用:tsusilk

こんな場所から謎の鉄球が発見されるなんて「いったい誰が何の為に???」ワクワクする謎が深まるばかりです!!

神楽島の鉄球の用途を説として考えてみた!!!

それでは神楽島から見つかった謎の鉄球の用途を管理にが勝手に検証してみました!
興奮しすぎて全く専門家の意見を聞いていない独自の考えですのでそこはご了承下さいまし!また管理人はビビリの為批判受付はしておりません(笑)

謎の鉄球説3選(勝手に推測)

謎の鉄球説1:モンゴル帝国の大群が来襲した時に日本が神楽島を攻撃の拠点としており、そこに鉄球が何発も打ち込まれたうちの一つ!
これが事実ならば今後何発も見つかるでしょう!!

謎の鉄球説2:室伏広治が飛ばした鉄球!
人間離れした鉄人室伏広治ならば可能でしょう(爆)

謎の鉄球説3:7つ集めると何かが起こる説
砲弾として使うのには大きすぎる!ということはこの謎の鉄球は恐らくドラゴンボールのように日本、いや世界の無人島にこの手の鉄球が7つ隠されており、全部集めると何かが起こるでしょう!!管理人の代わりにアホな方!探して下さい!!

最後に

神楽島の謎の鉄球!!
ワクワクしますなぁ!!

検証するといっても、あまりに大したことがなかったらそのままニュースにならずお蔵入りということも考えられますので、専門家の方々!!!頼みますよ!!!

あとで地球上にある分質ではない!とか発表されると本当に面白いことになりますね!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする