北海道には梅雨がないの?この時期の蝦夷梅雨・リラ冷えとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月になると毎日毎日

雨、雨、雨

いつまで降るつもりなんだー!

一日中ずーと雨が続くと本当嫌になりますよね

テンションもずーっと下がりっぱなし

天気も悪いし外にも出たくない!

なーんか気分的にもどんよりしがち

でも梅雨だししょうがないっか…

でも知ってました?

そんな嫌な時期の

「梅雨」を経験したことがない人たちがいるのを

それは誰か!

北海道民です!

そう!

北海道には梅雨がないんです!

そんなばかな!

はたして噂は本当なのでしょうか?

「梅雨がないなんて信じられないよ!」

そこで

生まれも育ちも北海道札幌市生まれ

生粋の道産子の私が

あなたの疑問に回答致します

結論から申し上げると

「北海道には本当に梅雨はありません」

5月下旬、6月~7月の本州や九州、四国の

あのじめじめとした

嫌な時期が北海道にはないのです

むしろ6月の梅雨時期の北海道は

暑くもなく

寒くもなく

からっとした晴れの日が多く

とても過ごしやすい!

全く羨ましい限りですね!

なぜ北海道には梅雨がないの?

梅雨の原因として5月下旬、6月~7月に

暖かい空気と 冷たい空気が混ざりあって発生する

「梅雨前線」というものがあり

45日間ほど日本の上空に停滞し

雨を降らせます。

とても迷惑なヤツですね(笑)

その「梅雨前線」ですが

北海道に到着する頃には

スピードが上がり

勢力が弱まることで

本州のような

前線が停滞して長雨を降らせる

っていうことがないのです

そのような理由から北海道には梅雨がありません。

私も北海道を出た24歳位のときまで

梅雨を経験したことなかったので

雨で洗濯物が干せなかったり

押入れにしまった洋服がカビだらけになったり

外で遊ぶことができなかったり

本当ずーっと雨が続くこの時期が本当に嫌になりましたね。

北海道に梅雨?蝦夷梅雨ってなあに?

蝦夷梅雨とは

北海道で2週間くらい

雨が降ったり止んだり

曇りが続き

なんだかはっきりしない天気が続くことをいいます。

北海道ではこんな天気が続くと、「なまら天気悪くねぇ?」

って感じで終わってしまいます。

いきなり方言(笑)

だから「蝦夷梅雨」っていうものは

一応梅雨みたいなものとして存在しているのですが

なんだかあいまいで

しかも毎年必ずあるわけではないので

本州、九州、四国で言う「梅雨」

ではなさそうです

しかも北海道民のほとんどの方は「蝦夷梅雨」

という言葉や状態を知らないので

北海道には「梅雨はない」って言い切っても良いです!

本当この時期の北海道は過ごしやすい気候ですので

こんな時期こそ

じめじめした本州や九州、四国を脱出してみては!

ちなみに北海道は暖かくなってきたとはいえ

道東の方はやはりまだまだ寒いですね

参考に6月の平均、最高、最低気温を載せておきます

6月の北海道参考気温

札幌(道央)

最高気温:21度

最低気温:12度

平均気温:17度

釧路(道東)

最高気温:15度

最低気温:9度

平均気温:12度

この時期に北海道へ旅行に行く際は

トレーナーやカーディガン

ジャンパーなど羽織るものをもっていくとよいでしょう。

リラ冷えってなあに

北海道で5月の下旬に咲く花のことで

だんだん暖かくなるこの時期でも突如として

急に寒くなることがあります。

このような現象を「リラ冷え」と呼びます。

またこの「リラ冷え」を蝦夷梅雨と呼ぶこともあります。

しかし「蝦夷梅雨」と同じく北海道民は

「リラ冷え」を知りませんので

雑学として覚えておけば北海道民にも自慢できますよ!

まとめ

梅雨がない北海道って羨ましいですよね

梅雨時期のこんなジメジメに耐えなくてもいいんですから

そのほかにも北海道には本州、九州、四国と違い

ないものが結構あります

台風がほとんど上陸しない

(たいてい北海道に来る前に反れたり温帯低気圧に変わる)

大きな地震があまりない

(札幌に24年住んでて震度3以上はありませんでした)

ゴキブリがいない

(私も北海道に住んでいて一度もみたことがありません。

本州で初めて見たときは大きさと

あの黒光りに腰を抜かしてしまいました)

いかがですか?

梅雨がなくて、台風もゴキブリもいない!

天災もあまりない!

北海道は安全で住みやすい町なんです。

四季を通して観光も色々楽しめますしね!

夏にボーナスをもらったら

家族で北海道にプチ旅行に出かけるのも

いいかもしれません!

しかも6月は既に大通り公園の

札幌ビアガーデンが始まっている頃です。

丁目ごとに アサヒ、サントリー、サッポロ

などと会社ごとにブースがわかれており

規模も人出も本州ではほとんどみたことのないような

大きさで地元、観光客で大変盛り上がってますよ!