ヒアリは日本のどこで発見された?生息確認地域まとめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒアリが今年初めて日本で上陸が確認され
生息地域拡大の懸念がされています。

また猛毒ということで人的な被害も
心配される所です。

現在ヒアリは様々な地域で確認されて
いますので、一旦発見場所等をまとめました!

ヒアリ発見地域の近隣では十分注意し、発見
しても近づい触ったりすることは
絶対にやめましょう

ヒアリが日本ではじめて確認された!

ヒアリが日本で初めて発見されたのは
兵庫県尼崎市で中国からのコンテナ船です。

その際に発見されたヒアリはすべて駆除され
ましたが、事態を重く見た環境省は
ヒアリが他の地域に拡大してないかどうか
緊急調査をしていました。

そして、ヒアリ発見から約1ヶ月、
恐れていた事態がおこり、日本の様々な場所で
ヒアリが発見されています。

まだ発見されたどこの地域でも
ヒアリによる人的被害は起きていないですが
今後の行方がとても気になります。

ヒアリ発見はどこ?生息確認地域まとめ!

では日本のどこでヒアリは確認されているの
でしょうか?

最近様々な地域でヒアリ発見のニュースが
流れていますので、一度生息確認地域を
まとめます。

ヒアリ生息確認地域【尼崎市】

2017年5月26日、中国広東省広州市から
神戸へ到着し、陸路で尼崎市へ運ばれた
コンテナを開けた際に数百匹のアリを発見
しました。

そのアリを調べてみると猛毒の
ヒアリであることがわかりました。

このヒアリ発見が日本における
初めての生息確認地域となります!

ヒアリ生息確認地域【神戸市】

ヒアリは日本では尼崎市ではじめて
生息確認がされましたが、該当コンテナ
が水揚げされた場所が神戸港ということで
神戸市で調査を開始しました。

調査をした結果2017年6月16日
神戸市ポートアイランドのアスファルト舗装面
の亀裂の中からヒアリを発見!

その場でヒアリを駆除しますが、
事態を重く見た神戸市は緊急対策本部を設置し
今なお、生息拡大の防止と駆除、情報収集を
しています。

ヒアリ生息確認地域【名古屋市】

6月30日、名古屋港鍋田ふ頭のコンテナ
ターミナルでヒアリ7匹を発見しました。

その後ヒアリの確認はありませんが
類似する毒アリのアカカミアリが
見つかっており、名古屋市の同港管理組合は
環境省に調査を依頼しております。

ヒアリに続きアカカミアリも神戸等
他の地域でも拡大の懸念があります。

アカカミアリの詳細記事はコチラ↓

アカカミアリに刺されると症状はどうなる?特徴や処置方法もご紹介
アカカミアリが神戸港で発見されました。アカカミアリも先日発見されたヒアリ同様に毒をもち人を刺す可能性があるとのことですので注意が必要です。本日はアカカミアリに刺されると症状はどうなるのか?またアカカミアリの特徴、刺された場合の処置方法についてもご紹介します

ヒアリ生息確認地域【大阪市】

ヒアリは大阪市でも生息確認がされました。

名古屋市と同じく6月30日に発見したアリを
調べた所、7月4日にヒアリと断定した
ようです。

ヒアリの確認地域は日本で4例目となります。

大阪市では女王アリとみられる羽の生えた
アリを発見した他に、ヒアリの巣も
見つかっています。

大阪市では緊急調査を開始しましたが
他にも数十匹のヒアリとみられるアリが
見つかっており大阪ではどこでヒアリが
発生してもおかしくない状態になりつつあるという
専門家の分析もあります。

ヒアリ生息確認地域(その他)随時追記

※9/1 ヒアリ発見場所追記

・東京港、大井ふ頭

・名古屋、春日井市(内陸部)、船見ふ頭

・神奈川県:横浜港

・福岡県、東区アイランドシティ

・広島県、国際コンテナターミナル出島地区

以上ヒアリが追加で確認された地域は
ここでご紹介します。

ヒアリ日本定着の可能性も高い!

ヒアリが現在日本の様々な地域で発見されて
いることから、次は「いつ」「どこ」で
発見されるのかが心配ですね。

1ヶ月という短期間の中で、これだけ様々な
地域でヒアリ発見となると、日本での定着の
可能性が心配されます。

一昔前の1995年には豪州産の毒グモ、
セアカゴケグモが発見され、今では40都道府県
で確認され日本に定着してしまいました。

ヒアリもまた、繁殖能力が強いことから
日本での定着は「ない」とは絶対に言いきれ
ません!

ヒアリのような外来生物が日本に入ってくる
のは貿易をしている以上仕方がないことだと
感じますが、早期発見、駆除が拡大防止には
1番かかせない対策です。

まとめ

現時点でヒアリは日本のどこで確認
されているのかをご紹介しました

生息確認地域をおさらい
しますと、尼崎市、神戸市、名古屋市
大阪市の4都市です。

猛毒ヒアリが確認されたことで日本の
主要な港では緊急調査が始まったようです。

更なる拡大がないことを祈りましょう。

どこに猛毒ヒアリが潜んでいるのか
わからないなんて、怖いですし、子供を
安心して外で遊ばせる事ができないですしね!

次はヒアリの天敵!ノミバエに関する
関連記事をお読み下さい↓

ノミバエがヒアリ壊滅対策の切り札として有効!?【閲覧注意】
ノミバエというハエが猛毒ヒアリの天敵であるということがわかりました。日本でも繁殖地域の拡大が懸念されるヒアリ壊滅対策の切り札となるのか?本日はノミバエとはどのようなハエか?またノミバエがヒアリの天敵と言われる理由は何故なのか?調べました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする