山尾志桜里が離党!議員辞職は保留の判断にネットの反応は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫問題に揺れる民進党の渦中の人物
山尾志桜里氏が離党届を提出し、のちに
離党が認められるようです。

しかし、この大騒動になった責任として
ネットの反応では離党ではなく議員辞職
をするべきという厳しい意見が多く
聞かれています。

そこで本日は山尾志桜里氏の離党の速報と
議員辞職の可能性、そして気になる
ネットの反応を見ていきましょう!

山尾志桜里が離党!

民進党の山尾志桜里氏と弁護士の
倉持麟太郎氏のW不倫疑惑が週刊文春
によって報じられたことは周知の
事実だと思います。

そして山尾志桜里氏は民進党に
離党届を提出し、今後党内で検討された
のちに山尾志桜里氏の離党が認められる運びに
なると考えられます。

山尾志桜里氏はこの不倫疑惑に対して
否定していますが「ホテル写真」
「BARで二人きりで飲む写真」
「倉持麟太郎氏の愛車アウディで
仲睦まじく移動する写真」

これらの写真を見る限り、言い逃れは
できない事態でしょう。

山尾志桜里氏と倉持麟太郎氏の不倫
詳細については以下の記事をお読み下さい↓

山尾志桜里と倉持麟太郎の不倫が文春砲に!幹事長落ちの本当の理由!
民進党のマドンナ、山尾志桜里氏と イケメン弁護士の倉持麟太郎氏の不倫が 9月7日発売の文集によって「文集砲」と して報じられる...

前原誠司代表の新生民進党で、紅一点の
山尾志桜里氏は幹事長として、とても期待され
ていただけに、今回の不倫による離党は
残念なことです。

しかし、ネットの反応では
離党だけではなく、なぜ山尾志桜里氏は
議員辞職しないのか?という声が多数聞こえて
きます。

報道では離党はするものの
議員辞職は、まだ決断しきれていないようです

これからの状況次第では議員辞職もありうると
推測しますが、決断が長引けば長引くほど
世論の批判は大きくなるだけですので、離党だけ
ではなく早めに議員辞職の決断を下したほうが
よいのではと考えます。

山尾志桜里は議員辞職はしない!

山尾志桜里氏が弁護士の倉持麟太郎氏と
不倫をしたことで、離党をすべく離党届を
提出しましたが、議員辞職は思いとどまって
いる様でネットでは批判の声が挙がってます。

しかも、また公の場で説明責任は果たして
いませんので、「否定」をしないという事は
不倫の事実を認めたと同じことになります
で、ますます山尾志桜里氏に議員辞職を求める
声が多くなることは必至です。

山尾志桜里氏は逃げの1手で
最後まで、有権者に事の真相を何も伝えない
まま、離党、そして姿を消してしまうので
しょうか?

それとも「ガソリン問題」の時のように
山尾志桜里氏は逃げ延びるのでしょうか?

山尾志桜里が議員辞職はしない判断にネットの反応は?

山尾志桜里氏が離党を決意し、離党届を
提出、しかし議員辞職は思いとどまって
いることに対して、ネットでは手厳しい
反応が見られます。

その一部をご覧下さい↓↓

確かに、ガソリン代の不正問題に続き
不倫問題が出ていますので、これでは
国民の期待に答えれる訳はありません。

議員辞職をして、今後もし政治家としての
道半ばであれば、一からやり直すべきでしょう

離党はしましたが、やはり事の重大さから
議員辞職を視野に入れているは本当な様です

山尾志桜里氏は相当思い詰めてといいますが
不倫をしたことが事実であれば、自業自得と
しか言えません。

それよりも、議員辞職をして、旦那、子供の
信頼を回復すべきであると考えます。

前原誠司新体制はガッカリなスタートですね
自民党の笑い声が聞こえそうです。

野党第一党として「情けない」感が満載です。

今井絵理子議員が不倫をしていた際には
かなり批判をしていたようです。

話題となっているように特大の
ブーメランが帰ってきたようですね…

ネットの反応をお伝えしました。
やはり山尾志桜里氏には議員辞職を求める声
が多数聞こえてきます。

まとめ

山尾志桜里氏が離党届を出し、党内で検討
されたのち、離党が認められると推測します

そして議員辞職を視野に入れているようです
が、今後の展開が気になりますね。

今回は山尾志桜里氏の離党、議員辞職の可能性
そして手厳しいネットの反応をご紹介しました

次は山尾志桜里の「ガソリン」疑惑や
旦那、子供などの家族の存在について
関連記事をお読み下さい↓↓

山尾志桜里の旦那や子供の素性は?「ガソリン」だけに大炎上!
民進党の山尾志桜里氏と弁護士の不倫が報じられ大騒ぎになっています。そこで今回は山尾志桜里氏の旦那の素性とちょっとした問題点、そして子供の存在、そして「ガソリン問題」が以前報じられただけに大炎上したネットの反応を見ていきましょう!

この記事が気に入っていただけましたら
下記のSNSボタンでシェアしていただけると
今後の記事作成の励みになります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする