先輩証とは?この天下り原因の制度に呆れを通り越し笑いました…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先輩証…

なんだこのフザケたネーミングは!

最近話題の文科省の天下り事件ですが

天下りの原因の一つとなっている制度

「先輩証」の廃止が発表されました。

一言で言うと「この証があればOBは自由に

文科省に出入りできるとのこと」

てかそんなん国民の税金で作らんでくれ!

呆れたを通り越してそんなん作った人

逆に面白いわ!

先輩証とは?

文部科学省は4/18に希望する同省OBに渡していた

先輩証となるものを廃止すると発表しました。

てかそんなん作る時点でまず民間では考えられません

国民の税金でやりたい放題、面白い制度を

作り放題なんだ!って国民から言われても仕方が

ないですよ!!

もっとしっかりして下さい!!

先輩証とは正式名称は

「文部科学省先輩証」と良い

同省入り口で守衛に見せるといつでも

自由に出入りできる入館証のようなものです。

2000年から開始されこれまでに1000枚以上

発行されていたそうですが

文科省のOB全員に配布されていたわけではなく

部長級以上の一部のOBが自ら申請しないと

発行されないものです。

だいたい天下りができるのは部長級以上のエリート

ですからまさに天下りの為にある証といっても

文句は言えないでしょう。

しかも「先輩証」の裏面には驚愕の文言が

記載されています。

「入構の際、便利となります」

なんだそれ!?

なんだか曖昧な記述ですよね

「入構時にこの証が必要です」

「この証がなければ入構できません」

ならわからなくもないですが

何か「後ろめたい」ような感じのニュアンスが

します…

この先輩証ですが、廃止になった後

OBが同省に用事がある時には

一般の人たちと同様に入り口で

名前や訪問部署等を記載した紙を提出しなければ

いけなくなりました。

先輩証に関して1市民の自分が思うこと

先輩証なるものが廃止されましたが

まず先輩証ってあったことすら

知りませんでした。

てかネーミングが可笑しすぎてなんだか

小さい頃に両親に渡したような

「肩たたき券」みたいなものと

レベルはほぼ同じなんじゃないかと…

一般市民は定年退職後の人生について

真剣に考え、保険に入ったり、再就職したりと

色々と生活や家族の為に苦労が多いです

私の父もそうでした。

そんな世間を知ってか知らずか

そんなに簡単に天下りをして、しかも

まともに会社にこなくても年収1000万レベルとか

本当に腹が立ちますので

今後民間も含めてですが企業や官庁は

天下り廃止に向けて徹底的に

取り組んで欲しいものです!

まだ「先輩証」以外にも官庁関係などで

自分らの利益になるだけの意味のない

制度や文化があればそれもまとめて

調べて欲しいですね!!

天下りは「国家公務員法」で明らかに違反です!

今後はOBの方や退職を控えている方は

考えを改め、市民の目があることを覚えて

おいて欲しいです。

国家公務員の皆さんは全員が悪いことをしている

わけではありません。

大部分は毎日一生懸命夜遅くまで国や

国民の為に働いている人たちだと思います。

しかし一部の天下りなど悪いことを

する人がいるが為に「また公務員か…」

「だから公務員は卑怯なんだよ」

と世間からの風当たりは強くなり

公務員の評判は下がります。

そういったことを考えOBや天下りを

してきた方たちは反省してほしいですね

まとめ

先輩証って…はじめ聞いた時は

笑ってしまいました。

このネーミングとこれを守衛さんに

偉そうに掲げていた文部科学省OBって

明らかにおかしいですよね

一般の常識とかけ離れています。

世間ではまず「先輩証」なるものが

あったなんて誰も知らないでしょう

まあ知らないってことは文科省も

あまり外に出したくない制度だった

わけですが….

官庁関係ではもしかしたら別の省でも

文部科学省と同じように「先輩証」が

あるかもしれませんので

是非天下りを撲滅するためにも

調べていただきましてそんなものは

廃止してほしいですね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする