斉藤れいな不祥事まとめ!疑惑の総合商社から巻き返しなるか!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

都民ファーストで初当選した都議。
レゲエアーティストleccaこと斉藤れいな氏
不祥事ばかりが話題になっています。

個人的には応援していきたいと思うのですが
ちょっと週刊誌に目をつけられたのか
疑惑の総合商社状態と化し
悪い話題ばかりが目立っていますね。

このままでは、斉藤れいな氏のイメージが
悪くなるばかり、ここで今までの斉藤れいな氏
の不祥事をまとめてみました。
なんとかめげずに頑張って欲しいものです!

斉藤れいなが不祥事だらけ!

都民ファーストから立候補し、見事
都議会議員となったleccaこと斉藤れいな氏
ですが、本業の政治活動であまり目立つこと
はなく、斉藤れいな氏が話題になることと
いえば、不祥事ばかりという残念な結果。

これには斉藤れいな氏に期待をこめて
投票した有権者もガッガリしている事でしょう

そもそも、斉藤れいな氏は都議選に当選した
際に、自身も2人の子供を育てる母であり、
東京で待機児童問題に直面した実体験から
子育て支援や保育、公教育の充実を政治理念に
掲げ活動しているはずですが…

しかし、このようなスキャンダルが報道
されても、斉藤れいな氏の公式サイトを見ると
報道されていないだけで、しっかりと待機児童
や子育て支援問題に取り組んでいるようなので
今後の巻き返しに期待しましょう!

斉藤れいなのパンツ被り事件!

斉藤れいな氏を一躍有名にさせてしまった
事件といえば、過去ブログでのパンツ被り
事件です。

まあ、2人の母親となり、立派な政治家と
なった斉藤れいな氏ですし、流石に今は
斉藤由貴さんの不倫相手の医師のように
パンツを被ることはないと思いますので
まあ若気の至りということで多めに見ては
いかがでしょうか?

斉藤れいなの大麻推進派疑惑!

斉藤れいな氏の大麻推進派疑惑。

斉藤れいな氏はleccaの名称で若者、特に
20代~30代の女性のカリスマ的存在でした。

引用:avex

そして斉藤れいな(lecca)時代の
スタイルはレゲエ。

tough Village [ lecca ]

レゲエ文化において切っても切れない関係に
あるのが「大麻」です。

以前、斉藤れいな氏は過去ブログでこのような
発言をしていました。

「私はタバコは体に悪いから吸わないが
神の草と呼ばれるガンジャは吸う」

このブログでの発言に対して
斉藤れいな氏は公式にまだコメントを出して
いません。

今後この過去の発言がどのような意味を
持ってくるのかがちょっと心配な所です。

斉藤れいなの公職選挙法違反疑惑!

先日の週刊新潮で報じられたのは
斉藤れいな氏の公職選挙法違反です。

これは斉藤都議が配布した選挙広報に
「多摩市在住」と記載がありましたが、
実際は都内の高級マンションに在住し、
都内の施設に子供を送り迎えしていると
いうもの。

そして斉藤れいな氏の事務所を訪ねると
もぬけの殻で、電話にも出ない。
そして人が働いている気配が感じられない
というものです。

これがなぜ公職選挙法違反なのかというと
選挙公報に、多摩市在住と書いてあるので
当然地域の方々は、地域の為に仕事をしてくれ
ると思い、投票します。

ですので、「当選を得る目的で虚偽の事項を
公にした者」とみなされ「虚偽の事項の公表罪」
に該当する恐れがあるようです。

この件に関しては以下の記事で詳しく記しました
のでお読み下さい↓

斉藤礼伊奈(lecca)に公職選挙法違反疑惑!【新潮砲!】
都民ファーストの小池チルドレン、斉藤礼伊奈氏(lecca)に公職選挙法違反の疑惑がでています。これは新潮砲により報じられたニュースです。斉藤礼伊奈氏(lecca)は昔のブログでのパンツ被り写真や大麻推進派が噂されており今度こそ絶対絶命か!?

まとめ

斉藤れいな氏の不祥事についてまとめて
みました。

週刊誌は2弾、3弾とネタを用意している
ことが多いので今後の展開が気になりますが
不祥事、スキャンダルにもめげずに
斉藤れいなさんには都民の為に頑張って欲しい
ですね。

次は斉藤れいなさんの都議選、管理人が
実際に斉藤れいなさんに会ったことがある
のでその時の印象を書いた記事をお読み下さい

leccaさんが都議選出馬!今後の歌手活動と彼女の人柄や魅力など!
leccaさんが都議選出馬をすることが発表されました!leccaさんといえば女性に寄り添った歌詞とレゲエスタイルの曲で人気ですが都議選出馬となれば今後の歌手活動はどうなるのか?また管理人は実は一度あったことがありましてその時感じた彼女の魅力や人柄、また代表曲までleccaさん情報満載でお送り致します。

この記事が気に入っていただけましたら
下記のSNSボタンでシェアしていただけると
今後の記事作成の励みになります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする