佐竹敬久知事が失態!意外な殿様家系や厳しい国民の声!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

またしても政治家の失態です。

秋田県の佐竹敬久知事が豪雨被害中に
ゴルフを満喫し、批判の的となっています。

本日は佐竹敬久知事の失態の内容や、
佐竹敬久知事の意外な殿様家系のこと、
そして失態に対する国民の厳しい意見などを
ご紹介します。

佐竹敬久知事が豪雨時に失態!

秋田県の佐竹敬久知事が記録的豪雨に見舞われ
ている県内で23日に災害対策の為に開かれた
会議に出席できなかったことがわかりました。

原因は佐竹敬久知事が宮城県でのゴルフに
夢中になり、秋田県に帰らなかった為です

佐竹敬久知事の元には22日から連絡が何度も
いっていたようですが、本人はゴルフに夢中、
しかも携帯電話などはほとんどチェックして
いなかったという失態。

挙げ句の果てには22日に携帯で県内の被害を
確認し、すぐさま帰ればいいものを、ゴルフ
後に飲酒、そのまま佐竹敬久知事は
予定通りに宮城県で宿泊したようです。

そして佐竹敬久知事は23日に再度関係機関を
収集し、対策会議をAM11:00から開くよう
指示します。

しかし、またもや帰路の土砂崩れなどの
影響により、間に合わない失態で、
結局対策会議が開かれたのは、PM:11:00

県民の命を守るべき、佐竹敬久知事は
豪雨災害の連絡があった際に、すぐに
戻るべきではなかったのでしょうか?

飲酒したから戻らなかったという理由も
、飲酒していない他の人が運転すれば
良い。ということになります。

しかも県知事ともあろう方が、地元の
秋田県の大雨の進路や、ニュース情報を
チェックしていないというのは、危機感が
無いと言われても何ら反論はできません。

日本で地震を初め様々な災害が起きている
昨今、このような危機意識のかけらもない
佐竹敬久知事は知事としての資質が果たして
あるのか疑問です

この問題に対し、佐竹敬久知事は
「出かけたことは判断が甘く、私のミス」
謝罪しています。

佐竹敬久知事は殿様家系だった!

佐竹家といえば、秋田県では知らない人
がいないほどの名家です。

佐竹家は1602年に常陸国から出羽国・秋田へ
移り、現在の秋田県の基礎を築いた開拓者と
して、知られています。

佐竹敬久知事は江戸時代の秋田藩主佐竹家の
分家・佐竹北家の21代当主です。
いわゆるお殿様家系ですね。

日本の現職の知事の中ではゆいつの
「お殿様知事」として知られて、メディアでも
よく紹介されていました。

秋田県では佐竹敬久知事のことを
まあ好意的な意味ですが「殿!!」
呼んでいるそうですよ!

参考に戦後の公選制になってからの
お殿様家系の知事は佐竹敬久知事を含め6人
います。

佐竹敬久知事の失態に国民の声は?

この佐竹敬久知事の豪雨被害がある中での
ゴルフ満喫、会議欠席等々の失態に対して
国民はどのように思っているのでしょうか?

国民の声をまとめました。

こういう災害時こそ、県民の先頭に立ち
陣頭指揮を振るうのが県知事というものです。

佐竹敬久知事は判断が甘かった、そして県民を
軽く見ていたとしかいいようがありません。

殿様家系なら尚更、殿様らしい行動をして
欲しかったです。

かなり手厳しい意見です。しかし怒れるのも
無理はありません。

ツイートで言われているとおり、役人の方の
職務怠慢は必ずといっていいほど、災害時に
発覚します。

今回は豪雨被害という大きなニュースであった
為にこの失態が明らかになったわけですから
小さな県内のトラブルではいつもこのような
行動をとっていたのでしょう。

そう思われても佐竹敬久知事は仕方がありま
せん。

国民の税金をもらっていることや、
選挙時に県民の為に働くと言った初心を
忘れてはいけませんね。

佐竹敬久知事のように、選挙や公約は
素晴らしいことを言っても、行動が全く
伴わない政治家が多すぎますね。

佐竹家という秋田の盟主の殿様家系に
佐竹敬久知事は泥を塗ってしまいましたね。

まとめ

佐竹敬久知事の豪雨時の失態と、
佐竹敬久知事の以外な殿様という家系
そして失態に対する国民の声を
まとめました。

21代も続く由緒ある殿様家系との
ことですので、先祖代々きっと
素晴らしい仕事をされてきたのだと思います。

今後は佐竹敬久知事と県民の判断に委ね
られますが、もし佐竹敬久知事が仕事を
続けるのならば、信頼回復に向けて
頑張って頂きたいですね。

次は、稲田朋美防衛大臣の失言内容に関する
政治関連記事をお読み下さい↓

稲田防衛大臣の過去の失言内容をわかりやすく説明!辞任の可能性は?
稲田防衛大臣に対して、今なお大臣の資質を問う声が多く、批判、辞任の声も多く聞かれます。それは稲田防衛大臣の過去の失言内容にあるためです。今日はそんな稲田防衛大臣の過去の失言内容をわかりやすく説明し、辞任の可能性についても考察していきます。

この記事が気に入っていただけましたら
下記のSNSボタンでシェアしていただけると
今後の記事作成の励みになります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 秋田離脱者 より:

    佐竹なんて関ヶ原で西軍について領土没収されて茨城から秋田に飛ばされた能無し。
    秋田は幕末でも東北で唯一東北を裏切って薩長に寝返った卑怯者な連中の末裔ですよ。
    まあ無能な秋田県民はこの人を殿様って持ち上げてますがね。
    だから無能でも連続当選できる。まともな人は秋田を捨ててます。

    • みっちー より:

      コメントありがとうございます!

      とくダネ!の小倉さんは秋田では知らない人はいないほど
      有名人で尊敬されていると言っていました。

      「尊敬されている」の情報は疑問ですね。

      地方の市長や知事は無能でも連続当選が多いとのことで、
      やはり、在職期間が長いと初心を忘れ、マンネリし
      危機感が薄れてしまうのでしょうかね。