小野寺五典が防衛相に!女性スキャンダルで評判が悪いのに大丈夫?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小野寺五典さんが防衛相に内定しました。

東大卒の超エリートで時期総理候補と言われ
期待の声が聞こえる中

女性スキャンダルなどの評判が極めて悪く、
野党の餌食となってしまうのでは?

そのような心配の声も上がってきます。

今日はそんな新しい防衛相に内定した
小野寺五典さんについて色々と調べました!

小野寺五典が新防衛相に内定

元防衛相の小野寺五典さんが先日辞表を
提出した、稲田朋美さんの後をつぎ
新防衛相となることが内定しました。

第二次安倍内閣でも防衛相を努めた
為、二回目の防衛相内定ですね。

最近の北朝鮮によるICBMの発射問題や
中国の海洋進出問題等、様々な問題が山積
する中での防衛相内定の報道。

ちまたでは「稲田朋美元防衛相の尻拭いだ」
「なぜ、女性スキャンダルのあった評判の
あまりよくない小野寺五典を防衛相に?」等、
内外から様々な声があがっています。

昨今の自民党の議員の不祥事を考えれば
先日の今井絵理子議員の不倫問題など、
次に何か週刊誌のスクープとなりえる問題が
発覚したとなれば、安倍首相も任命責任が
ありますので更に支持率が急降下することは
間違いないでしょう。

防衛相に内定した小野寺五典さんには
女性スキャンダルやお金のスキャンダル等
問題にならないことを祈るばかりです。

小野寺五典は評判が悪いのになぜ?という声多数!

小野寺五典さんは評判が悪いのになぜ防衛相に
なった?という声が多数聞かれます。

ではなぜ小野寺五典さんは評判が悪いのか?

一見真面目な感じはしますし、落ち着いた答弁
がとても魅力的な方ですよね。

そして東大卒のエリートで松下政経塾出身、
安全保障に精通していると言われています。

しかし、小野寺五典さんは歌手のASKAさんの
浮気相手の栩内被告が勤めていたBARに
当時入り浸っていたことがあり、爆弾を抱えて
いるという噂があります。

この噂に対して、小野寺五典さんは事実関係を
否定しています。

更に以前、小野寺五典さんに関する怪文書が
2013年に出回り大騒動になった経緯が
あります。

小野寺五典さんの怪文書の内容を簡単に
説明すると…

・小野寺五典さんは女性秘書と愛人関係に
あって、沖縄旅行に出かけていた。

・沖縄旅行に出かけるものの、台風の発生に
遭遇に散々な目にあった

以上の内容が差し出し不明で拡散されました!

しかし、差し出し不明な事、小野寺五典さんも
内容を否定したことから、信憑性はないと判断し
真相は闇の中に包まれています。

小野寺五典さんは主に女性スキャンダルに関する
内容から、評判が悪いとされていのですね!

女性スキャンダル等爆弾を抱える小野寺五典で大丈夫!?

上述したように、女性スキャンダルが多い
小野寺五典さんで防衛相は大丈夫?

そのような声が多数聞こえます。

しかし、他に防衛相を務まる人間が
いないというのが現在の自民党の現状です。

そして、女性スキャンダル、評判は悪く
とも、今はしっかりと日本の安全保障問題に
精通している防衛相の存在が重要です。

野球を知らないのに野球部の監督を
やっているような稲田朋美さんの様な方では
今の防衛相の大臣は務まりません。

稲田朋美さんは本当に防衛相としての資質に
欠け、失言が多い方でした↓

稲田防衛大臣の過去の失言内容をわかりやすく説明!辞任の可能性は?
稲田防衛大臣に対して、今なお大臣の資質を問う声が多く、批判、辞任の声も多く聞かれます。それは稲田防衛大臣の過去の失言内容にあるためです。今日はそんな稲田防衛大臣の過去の失言内容をわかりやすく説明し、辞任の可能性についても考察していきます。

小野寺五典さんは世間の評判はあまり
気にせずに、日本の安全保障問題に集中して
ほしいと思います。

まとめ

小野寺五典さんが新しい防衛相に内定した
速報記事と、小野寺五典さんの評判、
そして女性スキャンダルについても
ご紹介しました。

北朝鮮情勢が緊迫化する中、
一刻も早く防衛相の改革に努め、
地に落ちた防衛相の評判を回復させて
欲しいですね。

次は気になる野党のキーパーソン、
枝野幸男さんの関連記事をお読み下さい↓

枝野幸男は革マル派!過去の政治献金や組織の現在について!
民進党の枝野幸男さんが革マル派であることはあなたはご存知でしょうか?若い方であれば、革マル派を知らない方の方が多いのかもしれません。今日はそんな革マル派と枝野幸男さんの関係や政治献金。そして現在の革マル派の現状などについて調べました。

この記事が気に入っていただけましたら
下記のSNSボタンでシェアしていただけると
今後の記事作成の励みになります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする