値上げ商品サービス一覧!・2017年4月版「え、っこんなに…」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなにあるの!!?

毎年恒例のなので

薄々感じてはいましたが

今年の4月にも様々な商品、サービスの

値上げがあるようです。

一体どんなものが値上げするでしょう!

あなたの家庭に当てはめてそれに対する

家計への影響を考えてみてはいかがでしょうか!

これが2017年4月から値上げされる商品・サービスだ!

それでは気になる2017年4月から

値上がりする主な商品、サービスを

早速見ていきましょう!

値上げ商品

のり

ニコニコのりは4年連続で不作の影響から

のりの値上げを発表しました。60商品を

15%ほどとのこと、そうなるとコンビニの

おにぎりなどにも影響があるのでは

ないでしょうか?


小麦粉

日本は9割を輸入に頼っているため日本が

買い付けている銘柄の一部が値上がりした

為。約4.6%の値上げします

パンや麺類に使われる小麦、外食産業に

影響がないことを祈ります。


食用オイル

日清オイリオグループは原油価格の高騰や

原料の不作によりオリーブオイルを

約10%程度、サラダ油を20円程度

値上げすることを発表しています

MOCO`Sキッチンは大丈夫?(笑)

いや値上げだろうがMOCOさまには

影響せずふんだんにオリーブオイルを

これからも使用した欲しいですね!


たばこ

旧3級品6銘柄について値上げするようですね

愛煙家にとっては吸う場所といい値上げ

といい住みにくい世の中になりましたね

ちなみに詳しい改定後価格はこちら↓

「わかば」が320円

「エコー」が310円、

「ウルマ」が320円

「バイオレット」が310円

「しんせい」が310円

「ゴールデンバット」が290円

子供の頃はお父さんのタバコを買いに行って

全部300円位で売られていた

と思うんですが…このままだと

1000円代にいくことも現実味を

おびた話になってきているんじゃあ

ないでしょうか!

世の中の健康志向も高まっていること

ですしね!


タイヤ

実はタイヤ、この冬に夏タイヤを買いました

ので個人的にはよかったのですが

石油化学系原材料価格の値上げが原因です

各社家庭用タイヤから建設機器用タイヤまで

約5%から10%の値上げ幅とのこと!


ティッシュやトイレットペーパー印刷用紙等

大王製紙や日本製紙などの大手5社が

物流費高騰の影響で値上げを発表しています。

各商品共に10%程度の値上げです!

個人的に大王製紙は最近の福利厚生

の素晴らしさで記事を書いたばかり

ですのでとても残念です

会社の手当は重要ですが消費者にとっては

商品の値上げの方が重要なんですが…

大王製紙「子育て手当3倍」井川さんのカジノ事件からイメージUP!
大王製紙が「子育て手当3倍」という待遇を発表しました。大王製紙は創業家の井川氏のカジノ事件からイメージUPな話題ですね!他の日本企業も後に続いてほしいです。しかし子供がいない世帯にはちょっと問題も...

値上げサービス

燃油サーチャージ

2016年から燃油サーチャージは

無料の状態が続いていました

しかし今回の復活により

ANA,JALなどの国内線を多く使う

私はちょっとキツイです…

油価の上昇が続くようだと

更に航空運賃の価格値上げが心配です


生命保険

2017年4月より標準利率が改定され

様々な保険商品の価格が値上げします

商品によっては改定後も価格が変わらない

ものもありますのでわからない方は

確認が必要ですね

ちなみに私は2月に駆け込みで見直しを

行いセーフでした(笑)


国民年金保険料

2017年度(平成29年4月~平成30年3月)の

国民年金保険料は2760円アップされます

しかし前納制度を使えば口座振替だと1万5640円

現金納付では1万4400円の割り引きになります

のでよくお財布と考えて思い切って払ってしまう

のも手ですよ!


電気・ガス料金

原油や液化天然ガス、石炭などの価格が上昇した

ことが原因ですね。毎月、毎年のように

料金が増えていくのも困ったものです。

我が家でも省エネは

今年必須のキーワードとなりそうです

まとめ

毎年毎年なんらかの理由で4月の

きりのいい段階で値上げされる

商品やサービス

給料水準も決してよいとはいえない

昨今で消費者にとってはとても

家計のやりくりに頭を悩ませることが

多くなりました

今回の値上げではまとめ買いをするなど

混乱はもちろんありませんでした。

今後は「もったいない」の精神で

商品やサービスは大切に最後まで

使い切るといった基本的なことが

できればそれほど家庭に影響を及ぼさ

なくても大丈夫ですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする