伊豆大島近海で地震多発!2017年のメガマウス出現が災害の前兆か?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伊豆大島近海で地震が多発しています。

2017年になってからというもの4月に
体に感じない地震を含め600回、6月には
350回と以上な数値を叩き出しています。

また昔から地震の前兆と言われている
幻のサメ、メガマウスの出現も気になる
所です。

今日は2017年の伊豆大島近海の地震の状況や
メガマウスと地震の関係等、データを交えな
がら検証していきます。

伊豆大島近海で地震多発!

伊豆大島近海で最近になって地震が多発
しています。

気象庁の発表によると
この付近は以前から小規模な地震が多い
場所で、気になる火山活動にも特段変化は
見られないとのこと。

しかし、ちょっと心配な情報があります。

伊豆大島近海では地震が多いといっても
2017年6月12日だけでも350回以上も
地震が多発しているのです。(体に感じない
ものも含む)

そして2017年4月には1日に600回以上も
地震が多発した日がありました。

3.11の東日本大震災の発生前には
38回もの小規模な地震が発生しています。

大地震の発生前には前兆として必ず
定置網にかかったり、捕獲されたりする
メガマウスが2017年は既に2例!

これは心配ですね。

日本はただでさえ地震災害が多い地域です。

すべての前兆が大地震に結びつくとは
限りませんが、可能性のある限りは
最大限の警戒をしておきたいものです。

2017年のメガマウスの出現は地震の前兆?

引用:Wikipedia

2017年は報道などでご存知かもしれませんが
地震の前兆と言われるメガマウスの出現が
多発しています。

メガマウスは超希少なサメで、日本では20例
の発見、そして世界でもたった
100例ほどしか発見や捕獲がされていません。

しかし、2017年日本ではメガマウスが既に2例
発見されています。

この状況に「どこが幻のサメなんだ?」
今では疑問符がつくような状況です。

そしてメガマウスと地震の関係ですが
下記2010年以降のデータを見ると
かなり深い関係にあることが理解できると
思います。

2011年1月14日
三重県尾鷲市九鬼町の
沖合約500mの定置網にかかる
東日本大震災(3月11日)震度7

2014年4月14日
静岡由比漁港で捕獲
伊豆大島近海(5月5日)震度5弱

2016年4月16日
三重県尾鷲市の漁港で捕獲
熊本地震(4月16日)震度7

いかがでしょうか。

メガマウスが出現した同年には必ずと
いっていいほど大震災が発生しています。

これがメガマウスが地震発生の前兆と
言われる由来です。

メガマウスと地震の関係について詳しく

メガマウスと地震との関係ですが
説として有力なものをご紹介します。

サメには微弱電流を感じることのできる
器官である「ロレンチーニ器官」というもの
が備わっています。

大震災の前には必ず微弱な電圧変化が発生する
と言われていますので、メガマウスはそれを
いち早く察知し、危険な海底から浮上し、
姿を現すと言われいます。

伊豆大島近海で見つかったメガマウスも地震の
前兆を察知し逃げてきたのかもしれません。

まとめ

伊豆大島近海の地震多発はどこかで大きな
地震に繋がるのではないかととても心配ですね

ここまでの情報をまとめます。

  • 伊豆大島近海で数百回に及ぶ地震が
    2017年に多発している
  • 幻のサメと言われる「メガマウス」が
    2017年い多数発見&捕獲
  • メガマウスは大地震の前兆という説が
    ある
  • メガマウスには地震の発生前に生じる
    微弱な電圧の変化を察知することが出来る
  • 2017年に日本で大きな地震が発生する
    可能性がありメガマウスはそれを察知し
    逃げてきたと推測される

伊豆大島近海に大きな地震が起きないことを
祈るばかりです。

しかし備えあれば憂いなしともいいますので
万が一の災害に備え万全の準備をしておきたい
ですね。

次は長崎県橘湾の地震に関する不気味な法則
関する記事をお読み下さい↓

橘湾の地震は雲仙断層群が原因!不気味な法則に注意せよ!
橘湾で地震が発生しました。橘湾を震源とする地震は雲仙断層群という活断層が原因とのこと!橘湾では実は4月にも同様な地震が起きています。これは大地震を予感させるある法則に当てはまります!では一体その法則とは何なのか!?

この記事が気に入っていただけましたら
下記のSNSボタンでシェアしていただけると
今後の記事作成の励みになります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする