北極星2型ミサイル(北朝鮮)の射程や威力、迎撃は可能なのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北極星2型ミサイルとみられる飛翔体を
北朝鮮が発射したとのニュースが
報じられました。

度重なる北朝鮮のミサイル発射実験は
日本としても本当に心配で、危機感を
感じさせられます。

今日は北極星2型ミサイルの射程、威力、
THAADでは迎撃可能かなど、この
ミサイルの特徴を解説します。

北極星2型ミサイルを北朝鮮が発射

北極星2型ミサイルとみられる飛翔体を
北朝鮮が発射したとのニュースが
報じられました。

5月21日夕方、韓国軍合同参謀本部は
北朝鮮の西部から弾道ミサイル1発を発射した
と明らかにしました。

北朝鮮のミサイル発射は今年に入って
8回目で5月の韓国大統領選挙にて
文在寅(ムン・ジェイン)政権が発足してから
2回目です。

北朝鮮寄りの政策で知られる
文在寅(ムン・ジェイン)政権が誕生した
とのことで、ミサイル発射は一旦
なくなるのでは?と一部では報じられることも
ありましたが、やはり仮想敵国は米国。

しかし米国のトランプ大統領は
「北朝鮮がミサイル実験を中止すれば
対話をする用意がある」と言っていたので
今回の北極星2型ミサイルとみられる飛翔体の
発射はこのトランプ大統領の表明を
否定する結果となってしまいました。

米国の北朝鮮敵視政策が終わらない限り
北朝鮮のミサイル発射は
終わらないのでしょうか
完全なるチキンレース化してきましたね。

平和への道はまだ開かれないのでしょうか?
日本としても本当に深刻な事態となりました。

ではこの北極星2型ミサイルですが
射程や威力はどのくらいのスペックなので
しょうか?

難しい単語はなるべく使わず
わかりやすく噛み砕いて説明します。

北極星2型ミサイルの射程は

北極星2型ミサイルとみられる飛翔体が
北朝鮮によって5月21日の夕方に
発射されました

ミサイルは高度560キロ迄上昇し
500キロ余り離れた日本海に
落下したとのこと

韓国軍はこの北朝鮮が発射したミサイルに
対しSLBM=潜水艦発射弾道ミサイルを
地上配備型に改良した中距離弾道ミサイルで
今年2月に始めて発射した北極星2型ミサイル
ではないかと発表しています。

この北極星2型ミサイルですが
専門家の分析によると最大の射程は
2000kmを超えるとのこと

そうなれば、米国と北朝鮮が開戦となった
場合、攻撃対象となる可能性がある
沖縄も射程圏内に入っていることとなります。

米国はこの北極星2型ミサイルをかなり
警戒しており、実際に北朝鮮がこのミサイルの
開発を続け、性能を伸ばすと射程3500kmで
米軍基地のあるグアム島まで射程圏内に
入るのではないかと言われています。

北極星2型ミサイルの威力は

北極星2型ミサイルの威力ですが
このミサイルの特徴として
大型キャタピラー車によって
発射することが出来るため「いつ」
「どんな場所で」も直ぐに発射することが
可能です。

その為先日発射が確認された火星12より
事前に発射兆候の確認などが困難とのことです

その為迎撃や探知がしずらくなったことは
事実です。
迎撃が難しくなったということは、実際に
発射すると着弾の威力により、被害が
大きくなる可能性があります。

また北極星2型に「核」を搭載して
目標を攻撃するとなると、成功したのならば
搭載された核の威力によって
甚大な被害が発生することは必死です。

北極星2型ミサイルは迎撃可能か?

仮にTHAAD配備の場合
最大速度がマッハ14迄の
ミサイルを高度40~150キロで
迎撃することができます。

北極星2号ミサイルはマッハ10と
推測されています。
データ上であれば現在のTHAADの能力
であれば迎撃可能な数値ではありますが
今後北朝鮮がこの北極星2型ミサイルの性能を
向上させてくれば、迎撃が難しくなり
かなりの脅威となることは間違いありません。

まとめ

北朝鮮は今回の北極星2型ミサイルの
発射によって、米国や韓国との交渉を
有利にもっていこうと意図しているのかも
しれません。

今回の記事のまとめとして

  • 北極星2型ミサイルの射程はおよそ
    2000kmで米軍基地のある沖縄も
    射程圏内に入る
  • 北極星2型ミサイルは核弾頭を搭載
    することが可能であれば威力は
    甚大なものになる
  • 大型キャタピラー車などから発射可能
    な為事前に発射兆候を探ることは
    難しい。
  • 北極星2型ミサイルはミサイル迎撃
    システムTHAADでは数値上迎撃可能
    だが、推測であり、今後の技術向上に
    より迎撃が難しくなる可能性がある

以上がまとめです。
今回北極星2型を北朝鮮が発射したことで
北朝鮮による脅威が迫っています。

軍事的な解決となると北朝鮮の隣国の韓国、
日本にも甚大な被害が予想されますので
なんとか対話による解決をして欲しいですね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする