福岡で地震が5月13日に発生!?警固断層がまたもや原因なのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月13日に福岡県において
大きな地震が発生するという予測が
ネットなどのメディアで飛び交っています。

福岡で2005年に大きな地震があり多きな
被害があり、今回もまた福岡では
同じような被害が繰り返されるのでしょうか

今日は福岡でなぜ5月13日に地震が発生
するのかや、地震の原因は警固断層?
また地震が発生する時間帯についても
見ていきます!

福岡で地震が5月13日に発生

福岡で地震が5月13日に発生する!!
という衝撃的な緊急警告が
飛び込んできました。

なんでもその情報先は
昨年12月28日に発生した茨城県北部地震
(M6・3、最大震度6弱)
まだまだ記憶に新しい千葉県北東部地震
(M5・4、最大震度4)の発生を
見事的中させた、地震研究の第一人者の
立命館大学歴史都市防災研究所の高橋学教授
からとのことです。

これだけの地震を予測した教授からの
緊急警告となると、5月13日がとても心配です。

福岡で地震!5月13日の根拠は?

福岡で地震が発生する。
ではなぜ地震は5月13日なのでしょうか!?

立命館大学の高橋学教授によると
過去の膨大な地震に関するデータから
導き出した、最も可能性の高い日が
5月13日であるとのこと

高橋教授によると大きな地震が起きるには
法則があるようで以下のものになります

  1. それまで地震が全く起きなかった地域で
    M3~4クラスの地震が複数回福岡では
    発生している
  2. その後60日ほどでM2~4クラスの地震が
    発生する
  3. その半日後から3日後にかけて
    大規模地震が発生する

1995年の阪神、淡路大震災
2004年の新潟県中越地震、2011年の
東日本大震災、記憶に新しい昨年の熊本地震、
同年10月の鳥取県中部地震もその法則に
すべて当てはまるということです。

そうなると、福岡県では
今年3月13日に福岡県北西沖でM3・5の地震
が起き同じ月の14日には同じ場所で
M2.9と3.0が起きています。

そして同19日にはM2.7と3.1が
2回起きており、上述した大地震の法則に
当てはまります。

ですので高橋教授が言うように
5月13日が最も地震の危険性がある日にちと
考えられます。

福岡の地震はまた警固断層が原因?

福岡では2005年に警固断層という断層が
原因の大地震(M7.0、最大震度6弱)が
発生しています。

当時は福岡県では大きな地震が起こって
いなかった為大きな衝撃や被害が起きましたが
その際の地震の原因の警固断層は
総延長約55kmの北西部の部分が原因
警固断層の南西部はまだ動いていません。

5月13日に発生が予測される地震では
この今は静かな警固断層の南西部が原因
なるのではないかと予測されます。

福岡で発生する地震5月13日の時間は?

福岡で発生する地震は5月13日と
予測されていますが、時間帯はいつに
なるのでしょうか?

時間帯がわかればその際に必要な
防御策をすることができるので
被害も最小限に抑えることが可能です。

しかし地震は5月13日前後となっており
12日かもしれないし、14日になるかも
しれません。やはり詳しく時間帯などを
予測するのは不可能と思われます。

そしてメディアも福岡県に確証ではない
情報を安易に流してしまうと
大混乱になりかねませんので
大々的にテレビなどで放送されないでしょう

大地震が起きると予想される5月13日
またはその前後は自分の中で避難の
シミュレーションを立てていた方が
よさそうです!!

まとめ

それでは再度福岡で地震が起きる可能性が
ある5月13日の情報をまとめてみます。

  1. 地震が起きるのは福岡県
  2. 今までの大地震の法則が当てはまり
    可能性は高い
  3. 地震発生日は5月13日とその前後
  4. 原因は警固断層南西部
  5. 地震が起きる時間帯は予測不能

福岡県にお住まいの皆さんはどうか
地震が起きる、起きないに関わらず
5月13日は最大級の警戒をし
いつ発生しても自分の身をまもれるように
しておいて下さい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする