そろそろうちの子供にも…おすすめの習い事【運動系】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そろそろ子供も大きくなったし

何かスポーツをさせてみたい !

子供が3,4歳以降になると

一度ははそのような考えが

浮かんでくる頃では ないでしょうか

「でも何を習わせたらいいのだろう」

「はじめて習わすのに適したスポーツは?」

「怪我などしないか心配だ」

「うちの子にできるだろうか?」

そんな心配性なあなたに

運動系の習い事の中から

メリット、 デメリット

両面から解説していきます。

まずは最初に運動系の習い事として

おすすめなスポーツを男女別ランキング形式で

発表していきます。

子供に通わせたい!運動系の習い事ベスト5

男の子編

1位 水泳

2位 サッカー

3位 野球

4位 武道

5位 バスケットボール

女の子編

1位 体操

2位 水泳

3位 バスケットボール

4位 バレエ

5位 武道

バスケットボールでスタイル抜群の子供に!

メリット

バスケットボールのメリットとしては

とにかく男女共に身長が伸びます。

更に

・男の子は肩の筋肉が盛り上がるいかり肩に!

・女の子は細くて引き締まった二の腕に!

続ければ男女共に抜群のスタイルになりますよ。

また、コートが小さく常に走り回るスポーツですので

非常に体力がつき疲れにくくなります。

デメリット

バスケットボールは競技人口が多いのにもかかわらず

日本ではサッカーや野球に比べ、

あまりメジャーな スポーツとはいえず、

マスコミの反応もあまりよくありません

子供に才能の芽が出てプロになったとしても

現在の日本では それだけで食べていくことが

非常に難しいスポーツです

野球!夢は甲子園?それともプロ野球選手?

メリット

野球はプロ野球やメジャーリーグがあるように

日本でとても人気の高いスポーツです。

そして海外で活躍する選手も多いため

子供もテレビなどの影響で

直ぐに憧れの選手を見つけ

モチベーションを高く

練習に励むのではないかと思います。

また、野球は子供からシニア世代まで

競技人口が多い為一生涯楽しめるスポーツです。

デメリット

サッカーなどと比べて野球はポジション別の役割が

はっきりしているため

子供が希望するポジションにつくのが難しい場合があります。

特にピッチャーやキャッチャーなどやりたくても

コーチは「上手な子」を優先させてしまう傾向があります。

また、バット、グローブ、シューズ、ユニフォームなど

他のスポーツに比べ費用が多くかかります。

サッカーで協調性を養おう

メリット

サッカーは11人で常に動き回るスポーツですので

チームワークがとても大切です。

そのため続けると子供の協調性を養うことができます。

また、「勝ち」という目標に向かって

全員で協力しあうという子供の将来にとって

とても貴重な体験を積み重ねることができます。

全身の筋肉をまんべんなく使用するスポーツですので

バランスの良い体型になります。

またJリーグや海外リーグで活躍する選手も多いので

子供が憧れの選手をみつけ夢を持って楽しめるスポーツです。

子供の競技人口が多いため

同年代のお友達も直ぐにできます。

デメリット

他のスポーツでも言えることですが

一つのミスが 試合展開に大きく影響を及ぼすのが

サッカーですので

「PKに失敗してしまった」

「オウンゴールをしてしまった」

などの大きな失敗をしてしまうと

子供がミスを引きずってしまう可能性があります

またJリーグなどのプロの世界は

選手寿命が平均25歳ととても短いです。

しかもプロに慣れるような人たちは小さい頃から

サッカー一筋で やってきた方が多いので

他にスキルがなく再就職など難しい面があるようです

体操をして学校の体育授業のヒーローに!

メリット

小学校の授業で行う跳び箱、鉄棒、マット運動などで

抜群の結果を残すことが出来るため

学校のヒーローになれます。

そこでみんなから「すごい!」

と思われることは子供自身

大きな自信につながります。

また男子は続ければ

将来体操の「内村選手」のように

バキバキの細マッチョになれるため

きっと女子からモテモテになりますよ

デメリット

他のスポーツより

怪我の程度が大きい場合があります

軽い「つき指」「手首や足のひねり」などは良い方ですが

トランポリンや鉄棒種目で

高所から落下した時の衝撃は大きいです

下にマットを引いていても下手すると

脱臼や骨折の危険性があります

水泳で風邪をひきにくい丈夫な体になろう!

メリット

全身の筋肉を使いますので

カロリーの消費量が陸上運動の数倍にもなるそうです

またその分おなかもペコペコになりますので

いっぱい食べて頑丈な体作りができます。

また寒さに対する適応能力がアップして

風邪を引きにくくなる効果もあります。

老若男女自分の力加減で運動することができますので

子供の最初の習い事にはピッタリですね。

しかも水泳は屋内プールが殆どですので

天候に左右されないのもいいですね。

デメリット

何十人もの子どもたちが

常にプールに入っていますので

細菌や雑菌が かなり多いはずです。

プールを上がったら

必ずシャワーを浴びるようにしましょう。

男性はむしろ良いことですが

女性がある程度の年齢まで水泳を続けたら

かなり肩幅が広くなります。

(メリットかデメリットか考え方はそれぞれ ですが…)

まとめ

お子さんに始めさせる習い事は運動系が一番です

なぜなら本当に運動系の習い事は続けると

本当に風邪をひきにくくなります。

体が丈夫になれば、子供の為にもなるし

看病する回数が減る親御さんの心労も減りますしね

また団体スポーツであれば、

チームで何かを成し遂げる喜びを体験することができ、

その経験は小中学校~社会人 になるまで

きっと良い影響をもたらすことになるでしょう

個人スポーツであれば、

試合中は頼る人がいなく

自分自身でなんとかしなくてはなりません

そこで自分でなんとかしようと

「考える力」「一人で局面を打開する能力」

が身につきますので

個人として大きな成長が感じ取れるでしょう。

お子さんの成長にプラスの為にもこの春

新しい運動系の習い事に挑戦させてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする