子供連れで行きたい!東京穴場の花見スポット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年は

「せっかくだから子供を連れて花見に行きたい!」

そんな私の昨年はというと

恒例の会社の仲間と

飲んだくれの花見より

酔っ払って財布を無くすわ、

同僚は取っ組み合いのケンカを始めるわ

挙句の果てには二日酔いで

週末土日は完全に寝込む羽目に…

完全に家族からは大ブーイングを受けてしまう始末!

今年こそは、

桜の木の下でまったり寝転んでみたり

子供と遊具やボールで遊んでみたり

お腹が空いたら

嫁さんの作ったお弁当を持って

家族で楽しみたい!

そんな考えを持つあなたの為に

東京穴場の花見スポットと

子供連れの花見必須アイテムをご紹介!

これを読んで

素敵な花見の計画を立てて下さいね!

子供連れに最適!東京穴場のお花見スポット5選

■菅刈公園

桜はもちろんですが

滑り台やブランコなど遊具がとても充実していて

子供たちが遊んでいる間、

パパは芝生広場でで寝転びながら桜を眺める

そんな楽しみ方ができる公園です。

住所:〒153-0042 東京都目黒区青葉台2丁目11-25

最寄り駅:東急東横線 中目黒駅、代官山駅

■越前堀公園

芝生こそありませんが、

遊具があり桜を見ながら子供と遊ぶことができます。

また、お花見シーズンには出店が出るので、

フランクフルトや焼きそばなど

小腹が空いた時には嬉しいですし

子供も喜びますよね!

規模は小さいですが、

下町情緒溢れるお花見を楽しめますよ!

住所:〒104-0033 東京都中央区 新川一丁目12番1号

最寄り駅:東京メトロ茅場町駅

■小金井公園

小金井公園は都内でも有数の桜の名所で、

広大な敷地に50種1800本もの桜が植えられています

4月上旬には小金井桜まつりが開催され、

大勢の人たちで賑わいます。

また、子供に嬉しい遊具が揃ったわんぱく広場や

自転車を借りてサイクリングも楽しめちゃいます。

住所:〒184-0001 東京都小金井市関野町1−13−1

最寄り駅:JR中央線武蔵小金井駅から

西武バス小金井公園西口下車すぐ

■光が丘公園

広大な敷地には遊具や芝生でくつろげる場所があり

のんびり桜を楽しめます 。

また、申し込みをすると

桜を見ながらバーベキューを楽しむことができます。

子供連れが多い公園ですので

酔っぱらいなどは気にならず

安心して子供と一緒に過ごせますよ。

住所:〒179-0072 東京都練馬区光が丘4丁目1番1号

最寄り駅:都営大江戸線 光が丘駅

■よみうりランド

敷地内には1000本の桜が咲き

遊園地で子供と一緒に遊びながら

桜を満喫できます。

桜の風景をジェットコースターで疾走するなんて

ここならではの体験です!

またゴンドラに乗りながら桜を楽しむ

空中花見を是非体験してほしいですね!

夜桜もキレイなので

家族連れはもちろんカップルにもオススメです。

住所:〒206-8725 東京都稲城市矢野口4015−1

最寄り駅:京王よみうりランド駅

これで安心子供連れ花見必須アイテムリスト

・レジャーシート〔ブルーシート〕

お弁当を広げたり、寝転んだりと、

必需品ですので必ず持っていきましょう。

前日に雨なんか降っていたりすると

芝生が湿っておりズボンが汚れてしまいます。

・重くないペットボトル

風が強いとシートがめくれたり

シートが飛んでいきますので

重り用にもっていきましょう。

芝生に杭を打ち込んだり、

コンクリートにガムテープを貼るのは

マナー違反の場合が多いです。

置石も風で飛ぶと

怪我をする恐れがあるのでやめましょう。

・座布団〔なければダンボール〕

芝生でも土の上でも長時間座っていると

必ずお尻が痛くなります。人数分用意しましょう

小さな座布団がなければダンボールを敷くだけでも

大分座り心地が違いますよ

・ゴミ袋

花見で食い散らかしたり、

ゴミをそのままにして帰るのは絶対にやめましょう!

最寄りのコンビニに捨てて帰るのも迷惑行為です!

マナーは必ず守って下さいね

・ティッシュ&ウェットティッシュ

遊具や芝生で遊んだ後は

手が汚れますので必ず用意しましょう。

またお弁当を食べる時には

おしぼり代わりのウェットティッシュは必須です

お花見シーズンはまだまだ寒いです。

子供が鼻水ジュルジュル

なんてこともありえますので

忘れないようにしてくださいね

・紙コップ、皿、割り箸

結構忘れがちなアイテムです。

弁当は持ってきたんだけど食べる手段がない!

という悲惨な状況になってしまわないように

必ず持って行きましょう。

・傘、雨具

急な雨で子供達がびしょ濡れになって

風邪をひいてしまわないためにも

かさばらない折りたたみ傘や雨具があると良いです

・ジャンパーやダウン等の上着

気温が寒いとそれだけでテンションが下がります。

パパは冷たいビールより

暖かいお茶が飲みたくなります…

荷物になるかもしれませんが

快適に花見を楽しむ為にも

持っていくことをオススメしますよ。

動いている間は寒くないですが

レジャーシートを広げて座っている間は

結構体の芯から冷えてくる場合がありますよ

・絆創膏やお薬など

子供が遊んでいて急な怪我や

体の不調に対応するために必要最低限の絆創膏や

風邪薬などは持っていきたいですね。

・サッカーボールや、バトミントンなど

遊具に飽きたらボール遊びやバトミントン

などで楽しみましょう

芝生の上で親子でサッカーをしたり、

夫婦でバトミントン対決なんていうのも

普段中々できることではないので

盛り上がること間違いなしですよ!

まとめ

お花見のできる期間はとても短いです

あれこれ考えているうちに

お花見シーズンは過ぎてしまいますので

早めに計画を立てて

しっかり準備をして

子供たちと沢山の思い出を作って下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする