五月病の子供が増えています!なりやすい子供の特徴と対策は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なんだか最近うちの子元気がない!

GW明けの時期にこう思ったことはありませんか?

子供が「学校へ行きたくない」って言うし

理由を聞いても教えてくれない…

なんだかいつもより食欲もないようで

三度のごはんもあまり食べていない模様

家にこもりがちでテレビやゲームばかりして

夜更かし気味になっている…

悩みでもあるのだろうか…

いじめられているわけではないだろうか?

なんか学校であったのかな?

四月の入学式にではあんなに楽しそうに学校へ行って

パパもママも安心していたのに…

とても心配ですよね…

でもこれってよく考えたら

会社に入りたての新入社員がよくなる症状

「五月病に似てません?」

えっ! 五月病って子供でもなるの?

結論から言います

「子供でも五月病になります」

今回は子供の五月病に対する症状や対策、

なりやすい子供の特徴、

親としてするべき対策をまとめました

これって五月病?子供が発するSOSサイン!

子供が五月病になるのは四月

入学式などで「頑張るぞ!」

と新たな気持ちで頑張っていたお子さんが

五月のGWの休暇が終わったとたん

それまでの緊張の糸が切れてしまい

五月病の症状が発生します。

そこで五月病になったと思われる

子供の様子の例として以下のような

症状に心当たりはないでしょうか

・いつもよりごはんを食べる量が少ない

・夜更かしをし、朝なかなか起きられない

・いつも外で遊んでいた子供が室内で

テレビを見たりゲームばかりするようになる

・急に「学校や部活へ行きたくない」という

・食事時や帰宅時に声をかけても反応があまりない

・イライラして怒りっぽくなる

たとえこのような症状を見つけ

子供に声をかけても

子供は親に心配をかけさせたくない気持ちがありますので

「大丈夫」「平気」などと言い本当のことを話してくれません

また症状がおかしいからといって

病院に連れて行っても「問題なし」と言われます

※ちなみに五月病は正式な病名ではありません。

どういった性格の子供が5月病になりやすいのか?

基本的には誰にでも5月病になる可能性があります。

しかし五月病になりやすい子供の性格としては

1.がんばりやさん

2.完璧主義的な子供

この2つの特徴を持っている子供が特になりやすいです

では1つずつ具体例を見ていきましょう

1.がんばりやさん

勉強やスポーツに

何をするにも一生懸命な頑張り屋さんは

5月病になりやすい傾向があります。

4月、早く新しい生活に慣れなきゃ!

学校で良い成績を残さなきゃ!

と親が求める以上に子供は頑張りすぎてしまいます。

・そこで思うような結果が出せなかった

・親や先生の期待にこたえられなかった

頑張ったのに

直ぐに結果を出せなかったことで

子供は自身をなくし覇気がなくなったように

5月病になってしまうのです。

2. 完璧主義的な子供

完璧主義的な子供はストレスを感じやすい傾向にあります。

・例えば○○を頑張っているのにできない

・○○をしなければ親に認めてもらえない

・○○ちゃんにはできて自分にはできない

・自分だけが落ちこぼれなんじゃないか?

このように自分の理想とは大分かけ離れてしまったり

結果が出なかったり

そうしてGW明けに緊張の糸が切れ

頑張れなくなり当然自己嫌悪に陥ってしまいます

ただでさえ「他人から認められたい」という願望が特につよい

完璧主義の子供は五月病になりやすいです。

五月病になった子供に親がしてあげられる対策は?

■まず何が起こったか教えてくれないからといって

五月病になった子供に色々学校のことや

プライベートなことを無理に聞き出すのはやめましょう。

話を聞くときには少しずつ「やさしく」「子供の目をしっかりみて」

「ゆっくりでいいんだよ」「パパ、ママも協力するからね」

と安心させるような言葉をかけてあげましょう

■パパ、ママも忙しいのはわかりますが、

子供をうんと楽しませてあげましょう!

景色のいい海や山にドライブに出かけて

おいしいものを食べる

子供の好きなスポーツを思いっきり家族で

やってストレス発散してあげる

普段と違うことを子供と楽しむと

子供のストレスが発散されきっと元気になりますよ

睡眠をしっかりとり就寝時間、起床時間をバラバラにしない

3度の食事をしっかりとるなどストレスに負けない

体つくりのため規則正しい生活しましょう

まとめ

五月病になった子供たちにとって

頼れるのはパパ、ママだけです

常日頃しっかり子供を観察し

変化を見逃さないようにしましょう

通常このような症状は

1.2週間でなおるのがほとんどですがあまりに症状が酷く

収まらない時には 比較的軽い「うつ病」の可能性があります

早めに心療内科などで診察してもらうように してください。

早く子供の症状がよくなるといいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする