アントニオ猪木は北朝鮮をなぜ訪問するのか?【みんなの疑問】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アントニオ猪木氏が北朝鮮訪問に
旅だちました。

北朝鮮情勢が日々緊迫化し、今度は
いつ、7回目の核実験、そしてミサイル発射
をするのかがわからない状況での
このアントニオ猪木氏の行動。

そこで今回はアントニオ猪木氏がなぜ
北朝鮮の訪問を重ねるのかという疑問。
そしてアントニオ猪木氏の北朝鮮訪問に
対して、手厳しい国民の意見などを
ご紹介していきます!

アントニオ猪木が北朝鮮を訪問します。

プロレスラーで参議院議員のアントニオ猪木
氏が9/9の北朝鮮の建国記念の式典に出席、
そして朝鮮労働党幹部らとの会談の為に
するために中国の北京経由で旅立ちました。

アントニオ猪木氏の訪朝は実に32回目に
のぼります。

しかし、現在は北朝鮮情勢が緊迫化し
核実験、ミサイル発射とかなりナーバスな
時期です。

そして政府や日本国民に北朝鮮への
渡航をやめるように、渡航自粛要請
出している最中です。

これには、熱烈なアントニオ猪木ファンも
ちょっと「やめておいた方がいいのでは」
という弱気な声が聞こえてきますが。

当のアントニオ猪木氏は
空港で答えたインタビューで。

「どんな場合でもドアを閉めるべき
でない」

「北朝鮮のあれに利用されると言っている
奴は言わせておけばいいと思う」

このように答え、
自身の北朝鮮への渡航は誰になんと言われ
ようが、かまわないという主旨の発言をして
います。

ではアントニオ猪木氏はなぜ
北朝鮮を何度も訪問するのでしょうか?

アントニオ猪木は北朝鮮をなぜ訪問するのか?【みんなの疑問】

なぜアントニオ猪木氏は北朝鮮に32回もの
訪問を過去にし、こんなに北朝鮮情勢が
緊迫化している中でもお構いなしなのか
と疑問に思う方が多くいらっしゃると思います。

アントニオ猪木猪木氏が北朝鮮を訪問する
理由としてはまず、師匠であった
昭和を代表するスターの力道山の影響が
大きかったといいます。

力道山は生まれも育ちも北朝鮮です。
そして日本でプロレスの歴史を作った
偉大な方と崇められています。

その為、力道山の弟子である
アントニオ猪木氏は現地で好印象を
持たれるわけです。

そして、アントニオ猪木氏は北朝鮮に
於いて、32回目の訪朝で様々な
人脈を形成し、そして北朝鮮でプロレスの
興行を行うなど、尊敬だけではなく
スポーツ文化に於いても数多くの功績を
残しています。

ですので、アントニオ猪木氏は北朝鮮
との信頼関係の厚さから何度も訪問するに
至っているわけです。

ちなみにアントニオ猪木氏は度重なる
訪朝で、スパイや在日などの疑いをかけ
られていますが、そんな根拠はなく、
本人は日本生まれ、育ちです。

北朝鮮情勢の緊迫化から自粛を要望する声も!

北朝鮮情勢の緊迫化から、北朝鮮への訪問
自粛要請が出ていることは上述しました。

そして、国民からも様々な厳しい意見が
出ています。

「国益にもならない自分ファースト。」

「日本が恥かくだけだからやめろ」

「これは勇気とは違う」

「懲りないなぁ…(-_-;)」

「金正恩にビンタお願い致します。」

「もう猪木の時代は終わってる。」

「もし訪朝して良い方向に向かうなら
いいけど実際そうもいってないからなー。」

「彼の成果は「歓び組」からの接待を
受け続けることよ。」

引用:ヤフコメ

かなり手厳しい意見が目立ちますね。

アントニオ猪木氏は自身の理念を曲げる
ことはしないことで有名です。

そして今回の訪問も「扉を閉めるべきでは
ない」と自身の正当性を主張しています。

しかし、だからといって、国民の意見を
無視し、自分本位で今の北朝鮮に訪問する
のはいかがなものかと思います。

例えば、靖国神社参拝だって、
本来であれば終戦記念日に参拝するので
あっても、政治家ともあれば、世論、各国の
批判を考え、自粛する傾向にあります。

あまりに身勝手ではないでしょうか?
これが例え、「平和」の為であってもです。

まとめ

アントニオ猪木氏が北朝鮮情勢が
緊迫化する中、訪問することが判明し、
訪問の理由や、世間の手厳しい声について
調べました。

アントニオ猪木氏が訪問後の成果について
何を話すのか?

また今回はどのような要人に会い、
会談をするのかが、注目されます。

次は北朝鮮情勢、北朝鮮とアメリカが戦争
した場合のシナリオに関する関連記事を
お読み下さい↓↓

北朝鮮とアメリカが戦争した場合のシナリオは?【みんなの疑問】
北朝鮮のミサイル、核開発が進み、アメリカとの戦争の危険性が日増しに高まってきました。そこでみんなの疑問として北朝鮮とアメリカが万が一戦争になった場合のシナリオはどうなるのか?そこで「アメリカ側から仕掛けた場合」「北朝鮮側から仕掛けた場合」の両方から考察していきます。

この記事が気に入っていただけましたら
下記のSNSボタンでシェアしていただけると
今後の記事作成の励みになります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 猪木ぼんばいえ より:

    靖国参拝を批判してるのは中韓の2国だけだろ

    • みっちー より:

      お問い合わせありがとうございます。管理人です。「靖国」はここでは例えで使用していますので、北朝鮮とは関係ありません。文脈から分かりにくいと感じたのならば失礼致しました。