井上苑子と渡辺麻友が似てるので本当かどうか比較しました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

井上苑子さんは若手シンガーソングライター
として人気急上昇中です!

渡辺麻友さんは元祖正統派アイドルとして
有名です。

この2人ってめちゃくちゃ似てませんか?

歌番組をを見ていて気づきました。

しかし既に同じように似てることに気付いた
人がチラホラといるようですね。

今日はそんな似てる2人を顔のパーツ別に
比較し、本当に似てるのか検証して
みました!!

井上苑子と渡辺麻友が似てると話題に!

井上苑子さんと渡辺麻友さんの顔が似てると
話題になっているのはご存知でしょうか?

まるで兄弟のよう!?

では井上苑子さんと渡辺麻友さんの顔写真付
プロフィールを先に軽くチェックし
実際に似ているかどうか比較してみましょう

井上苑子プロフィール

では井上苑子さんのプロフィールから
みていきましょう!

名前:井上苑子(いのうえそのこ)

ニックネーム:そんちゃん、sonoko

生年月日:1994年12月11日

出身地:兵庫県神戸市

兵庫県神戸市出身の井上苑子さんは
幼少の頃から歌うことが大好きな
女の子でした。

11歳という年齢の頃から持ち前の
度胸で、路上ライブをはじめ
その容姿の可愛さと歌手としての実力が
SNSで話題になります。

そして2015年にユニバーサルミュージック
からデビューしますが、等身大の女の子の
気持ちをそのまま歌詞にした楽曲が女子高生
を中心に大ブレイク!!

今では様々な雑誌やメディアで取り上げられる
ようになりました!!

そして井上苑子さんの
メジャーデビューシングル
「だいすき」は、youtubeで1000万回以上
再生される程の大反響!!

実はこの井上苑子さんの「だいすき」
既にジャケット写真が渡辺麻友さんに
激似で、「渡辺麻友さんがモデルとして
ジャケットに登場している」と
勘違いした渡辺麻友ヲタがいたとか…(笑)

井上苑子「だいすき」ジャケット写真

→→だいすき。 [ 井上苑子 ]

今後が期待される
若手女性シンガーソングライターです。

引用:InoueSonokoVEVO

渡辺麻友プロフィール

今や説明不要な気がしますが
AKB卒業の渡辺麻友さんのプロフィール!

名前:渡辺麻友

ニックネーム:まゆゆ

生年月日:1994年3月26日

出身地:埼玉県

所属:プロダクション尾木

2007年4月8日にAKB48
チームBの一員として劇場公演デビューした
渡辺麻友さん。

プロデューサーの秋元康さん曰く

「アイドルになるために生まれたきた」

「正統派アイドルの美少女」

などと大絶賛される渡辺麻友さんです。

それを根拠に、AKBグループにありがちな
男性スキャンダルなど一切なく
清純を貫き通したとファンの間でも
神格化されたTHEアイドルです!

井上苑子と渡辺麻友を比較してみた!

話しを元にもどしましょう!
ではシンガーソングライターの井上苑子さん
と、渡辺麻友さんが本当に似てるのか
比較してみましょう!!

ではまずは目の比較

井上苑子さん

渡辺麻友さん

もう既に似てるので
どっちが誰なのかわかりません(笑)

次は鼻の比較

井上苑子さん

渡辺麻友さん

マジでわからなくなってきました!
鼻の丸みがちょっと違いますが
ほっぺたは特に似てるので
比較しても全くわかりませんね

次は口と顎の比較

井上苑子さん

渡辺麻友さん

顎のラインは特徴的ですね!ここははっきり
井上苑子さんと渡辺麻友さんの区別が
つきます!!

最後に顔を並べて比較

う~ん…本当にどっちがどっちだか
よくわからなくなりましたね…

左が井上苑子さんで右が渡辺麻友さんですが
左が渡辺麻友さんと言われてもちょっと
納得してしまうかもしれません!

その位2人は似てる!(笑)
パーツで1番似てるのは目ですかね!!

本人達はどう思っているのでしょうか?

歌番組等で共演した場合は一緒に並んで
欲しいですね!!

まとめ

井上苑子さんと渡辺麻友さんが
似てると気づいたので、パーツ別に
比較してみました!!

思っていた以上に似てるので
本当にびっくりしました!!

まさか兄弟!?なんてことは
ないでしょうが、こんなことって
あるんですね~(笑)

次は元祖正統派アイドル!渡辺麻友さん
関連記事をお読み下さい↓

渡辺麻友さんの卒業発表はいつ?2017年に決断!?
渡辺麻友さんが第9回選抜総選挙が最後の出馬となることを発表しています。気になるのは卒業発表は2017年度中にあるのか?また卒業後はどのようなソロ活動を展開していくのか?ネットの反応を含め様々な角度から渡辺麻友さんの卒業について検証していきます。

この記事が気に入っていただけましたら
下記のSNSボタンでシェアしていただけると
今後の記事作成の励みになります