下重かおりとは?顔の画像や経歴!MONDO GROSSOも心酔!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下重かおりさんを知っていますか?

下重かおりさんはMONDO GROSSOの
14年ぶりのニューアルバムで一般人募集の
中から見事ボーカリストに大抜擢された
女性です。

ですので知らない方がほとんどですよね!

そんなこれからメディアに出てくることも
考えられる下重かおりさんの顔画像や経歴等
を調べてみました!

下重かおりとは?顔の画像や経歴など

引用:facebook.com

下重かおり(しもしげかおり)さんは
一般の方だけあって
あまり情報は少ないですね

わかったのは生年月日が8月11日で
出身地は新潟県
1歳になるお子様がいらっしゃるとのこと!

顔の画像はモノクロで申し訳なりですが
美人な方ですね!

経歴についてはKaori Eliasという名で
以前活動しており、幼い頃から
ピアノを習い母親が聞く音楽レコードを
聞いて育ったようです。

大学に在学中はNYへ単身留学をするなど
歌手を夢見て活動していたようです!

そんな中でこのMONDGROSSOの
アルバムのボーカリストに大抜擢!

本人も友人、家族も皆喜んで
いるでしょう!

MONDO GROSSOが下重かおりを起用したきっかけ

MONDO GROSSOの14年ぶりとなる
アルバムになぜ無名の主婦の下重かおりが
起用されることになったのでしょうか?

それはMONDO GROSSOの大沢伸一さんが

Facebookで「女性の声だけど
フォルマントが男性的な声を
探しています。」

などとボーカリストの募集をしていることを
告知、そこで下重かおりさんの知人が大沢伸一
さんに下重かおりさんが歌っている音源データ
を渡しました。

そこで、その音源を聞いたMONDO GROSSOの
大沢伸一さんが歌声に惚れ込み
14年ぶりのMONDO GROSSOのニューアルバム
という記念すべき作品に「UA」や「bird」と
いった一流アーティストと共に参加することに
なりました。

下重かおりさんはこのMONDOGROSSOさんの
アルバムに参加するにあたって、喜びの声を
SNS上であげています。

私は名の知れぬ主婦シンガー

お伝えできるこの日を1人ずっと

待ちわびていました。

私は今、育児のため音楽活動を

休止していますが

大沢伸一さんをはじめ周りの方々の

多大なご協力により

私の参加が実現できました。

1歳の子供がいるので旦那が

休みの日に日程を合わせてもらい

時間も調整していただき、などなど

こんな私に本当にすみません、

という思いでした。

友達が大沢さんへ私の知らぬ間に(!)

音源を送ってくれていて

それを耳にした大沢さんが

声を気に入ってくださったことが

きっかけでした。友達よ、ありがとう。

引用:facebook.com

かなり恐縮気味の様子ですね!
しかも1歳のお子様の育児中とのことで
大変でしょうが、周りのスタッフ等が
快くサポートしてくれるとのこと!

これをきっかけにMステなど
音楽番組に出演するようになって
全国的なアーティストになって
ほしいです!!

下重かおりさんが参加のMONDO GROSSO
「何度でも新しく生まれる」
他にも女優の満島ひかりさん
AKB48の齋藤飛鳥さんなど
多彩なアーティストが参加するアルバム
6/7のリリースまで待ちきれません!

何度でも新しく生まれる (CD+DVD) [ MONDO GROSSO ]

下重かおりさんの気になる実力は?

大御所アーティストの
MONDO GROSSO大沢伸一さんが太鼓判を
押す下重かおりさんですので実力はあって
当たり前のはずですが、まだ下重かおりさん
の歌声を聞いたことがない方がほとんどだと
思います。

下重かおりさんが歌う姿がネット上にありま
したので歌声をチェックしましょう!

下重かおりさんが「Kaori Elias」という名で
活動していた頃の動画です。

リンク切れ

下重かおりさん!カッコいい歌声ですね!
聞いていて落ち着くbirdさんのような歌声に
近いかもですね!

本当にMONDO GROSSOさんが注目するのが
わかります!

一般の方でもこんなにも素晴らしい歌声を
もつ方々がいるんですね!

最期に

下重かおりさんは今後MONDO GROSSOさん
のアルバムに参加したことで歌手として
活動を本格化させるのでしょうか?

歌唱力がある方なので今後の展開が楽しみです
経歴から歌手を目指していたようですので
本当に夢がかなってよかったですね

また顔の画像も美しい方でしたので
人気も出ると思います!

カッコいいママさん歌手として
ブレイクして欲しいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする