中元日芽香が卒業!2つの理由と悲しみにくれるネットの反応は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

悲しいニュースが流れてきました。

乃木坂46の主要メンバーの中元日芽香さんが
卒業することに…

今日はそんな中元日芽香さんの卒業理由や
乃木坂46の公式コメントをご紹介します。

2011年のデビューから乃木坂46を支え続けて
くれた中元日芽香さん!ありがとう!

中元日芽香が卒業を発表!

乃木坂46のメンバー中元日芽香さんが
グループを卒業することが明らかになり
ました。

以下公式サイトからの発表全文です。

乃木坂46のメンバーとして
活動しております中元日芽香ですが
乃木坂46を卒業することとなりました

卒業の時期に関しましては
現在調整しております。

具体的な日程が決まりましたら
改めてご案内いたします。

卒業まで引き続き
応援よろしくお願いいたします。

乃木坂46運営委員会

引用:www.nogizaka46.com

1996年4月13日生まれ、乃木坂46の
オーディションに2011年に合格をし、
依頼中心メンバーとして活動してきた
中元日芽香さんがグループを卒業する事に。

2017年1月28日に中元日芽香さんは自身の
体調不良により休業宣言をしていました。

その後3月19日にレギュラー出演する
『らじらー! サンデー』から仕事を復帰した
ばかりだったたけにファンの悲しみは
計り知れないものがあり、ネットは騒然と
しています。

では中元日芽香さんはなぜ乃木坂46を卒業する
ことになってのでしょうか?

中元日芽香の卒業を匂わせた2つの理由とは?

中元日芽香さんの卒業に関しては
以前から噂はされており、中元日芽香さん
の以下の2つの理由により卒業をするのでは
とファンの間では囁かれていました。

中元日芽香卒業理由その1

中元日芽香さんは上述した今年1月の
体調不良からの芸能活動復帰3日後に
ファン向けのメール配信サービスで
「私が卒業した時は〇〇を推して欲しい」
このような卒業を匂わすような文章を残して
います。

それを見たファンからは「ネタだろう?」
「卒業しないよね?」「そんな悲しいこと
言わないで!」などど、現実を受け止めたく
ない感情や、心配するファンが続出して
いました。

中元日芽香卒業理由その2

更にブログでは「どうやったら選抜になれるん
だろうってがむしゃらにやっていた瞬間が
私の青春でした」ともう既に乃木坂46での
活動が過去の思い出のような発言をしています。

そのような2つの卒業を匂わす言動をしていた
理由から中元日芽香さんはかなり早くから
乃木坂46からの卒業を決めていたと感じます。

乃木坂46の公式サイトでは卒業発表の
プレスリリースがUPされていましたが、
早く中元日芽香さん本人のコメントが聞きたい
ですね。

追記:中元日芽香さんのコメントです

「理由は、大きいところでは、
体調が優れない日が多いなって
いうのがあります。

一度体調不良でお休みさせていただいて
そこから帰ってきたんですけど
元気な時のようにうまくいかない日があって
それが自分の中で許せないっていうか
万全な状態でアイドルでいたかったなって

引用:headlines.yahoo.co.jp

中元日芽香卒業に対してネットの反応!

中元日芽香さんが乃木坂46を卒業することに
対して悲しみにくれるネットの反応です。

やっぱり会いに行ったアイドルっていうのは
その人にとって忘れられないですよね!

乃木坂46を支え続けた功績をたたえて
中元日芽香さん卒業コンサートにするのは
賛成です!!

まだ中元日芽香さんの卒業日程は調整中との
ことですが、卒業まで悔いの残らないうように
頑張って欲しいですね!!

こうやって青春時代を好きなアイドル
(中元日芽香)さんに捧げた若者にとっては
忘れられない思い出ですね!

まとめ

乃木坂46を卒業することが明らかになった
中元日芽香さん。

そして本日は中元日芽香さん卒業の理由に
ついて考察していきました。

すぐに中元日芽香さんは卒業後芸能界を
引退してしまうのでしょうか?

本人のコメントを待ちましょう!

次は芸能界を引退した島田晴香さんの
関連記事をお読み下さい↓

島田晴香卒業&芸能界引退!今後は実家の旅館を継ぎ女将へ転身か?
島田晴香さん【AKB48チームK】が卒業し芸能界を引退することを発表しました。2009年から9期生として長い間グループを支え続けてきた島田晴香さんお疲れ様でした!島田晴香さんの実家は旅館をしておりますので「元アイドルの女将さん」なんてこともありえますよ!!

この記事が気に入っていただけましたら
下記のSNSボタンでシェアしていただけると
今後の記事作成の励みになります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする