グッドルッキングガイの正体、役割、条件は?叶姉妹のコミケ92に!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

叶姉妹がメディア等に登場する度に
取り巻きとして出演するグッドルッキングガイ
の皆様方!

喋ることはあまりないし、素性などもミステリ
アスすぎていつも気になってしまいます。

そこで本日は叶姉妹のグッドルッキングガイ
の正体、そして役割、更にグッドルッキング
ガイになるための条件について調べました!

グッドルッキングガイの正体とは?

叶姉妹の取り巻き、謎の外国人イケメン集団
グッドルッキングガイの正体は、結論から
言いますと、ご職業は全員叶姉妹を慕う
モデルとのこと。

見てわかりますが、東洋系の顔立ちの
方はおらず、全員が白人男性のようですね。

これも叶姉妹の好みなのでしょうか?

そして、「グッドルッキング」ですので
叶姉妹が見て楽しむ存在
※こう書くと「物」のような感じもしますが
叶姉妹にとってはグッドルッキングガイの
存在は生活の一部として
なくてはならないものなのです。

英語ではgood looking
ルックス(顔立ち)の良い =ハンサムとなるよ
うです。(要するにイケメン)

しかも単なるグッドルッキングガイでは
叶姉妹にお近づきになることはできず、世界中
で活躍する、叶姉妹のおメガネにかなった
選ばれし者たちのみがなれるとのこと!

グッドルッキングガイの役割とは?

叶姉妹のブログを見たらわかりますが
グッドルッキングガイの役割とは、
簡単にいえば、叶姉妹に様々な非日常を提供
し、楽しませることです。

叶姉妹の姉の恭子さんに嫌われた、もしくは
飽きられてしまった残念な
グッドルッキングガイは、役割を失い
その場を去ることに
なります。

ですのでグッドルッキングガイ達は全力で
叶姉妹に非日常の楽しみを与えることに
全力を尽くします。

その内容は、ここでは言い表せませんが、
ベッドの中での役割だったり、
ジャグジーの中での役割だったり。

グッドルッキングガイの条件は?

叶姉妹の姉、恭子さんはグッドルッキングガイ
の条件として以下のように語っています。

グッドルッキングガイとは
世界で活躍する一流のモデルとして
通用する、身長やバランスの良い体、
そして端正な顔立ちの男性がなるため
の条件です。

しかもグッドルッキングガイは叶姉妹が
メディアに登場するたびに変わっている事が
多く、上述したように、飽きられてしまった
か、たまたま都合がつかなかったかは
不明です。

条件からして、一般の方はまずなれないのは
わかりましたが、グッドルッキングガイの
世界でも、生存競争というものは存在する
ようですね。

グッドルッキングガイの中には特段叶姉妹に
対する愛が半端ではない方々もいて
叶姉妹の「叶」という文字のタトゥーを
入れている方が8人もいらっしゃるとか。

叶姉妹参加のコミケ92に!

叶姉妹が参加するコミケ92に
あのグッドルッキングガイがやってくる!

そのように楽しみにしていた方が多く
いらっしゃったことと思います。

しかし、コミケ92に叶姉妹の
グッドルッキングガイは現れなかった様です。

叶姉妹はグッドルッキングガイを連れて
来なかった理由として、真夏の厳しい暑さ
のコミケ92に果たしてグッドルッキングガイ
が参加できるのか事前に「耐久テスト」
なさったのだとか!

その「耐久テスト」の結果が思わしくなく
グッドルッキングガイがかさばってしまうと
来ていただいた人に迷惑となるため、相談
のうえ置いてきたようです!

耐久テストの内容は叶姉妹の姉、恭子さんは
以下のように語っています。

コミケの中の環境は蒸し暑くて
息ができない。

亜熱帯にいるようなことを聞いていた

いつものスーツで
その状況の中でちゃんといれるかを考え
スチームサウナの中にスーツでいてもら
いどうなるのかを見たら8分くらいで

『ちょっと待って、お水を飲ませて』
ってなったとテストは不合格だったこと
を明かした。

引用:headlines.yahoo.co.jp

これにはグッドルッキングガイの皆様方も
さぞかし悔しかったでしょう。

しかし、写真、テレビを見る限り
グッドルッキングガイの体は強靱な筋肉の方
が多かったように見えましたが、耐久テスト
に落っことされてしまうとは…

まとめ

叶姉妹のグッドルッキングガイの正体、
役割、条件について調べてみました。

一度でいいから、あの叶姉妹の非日常の
世界を一緒に味わえるグッドルッキングガイ
の一員に管理人もなってみたい!!

しかし、正体は世界の選りすぐりの
エリート達で、叶姉妹のお気に入りになろうと
しのぎを削る世界ですから、アラフォー日本人の
管理人が
グッドルッキングガイの一員となれる日
はまずこないでしょうwww

この記事が気に入っていただけましたら
下記のSNSボタンでシェアしていただけると
今後の記事作成の励みになります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする