台風5号・米軍基地発信の最新進路【2017年8月5日更新】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここでは台風5号2017のハワイ米軍基地発信の
台風5号最新進路情報をお送り致します。

台風5号の期間中は随時米軍基地発信の
最新進路を当ブログでご紹介していきますので
ご確認のうえ台風対策にお役立て下さい。

台風5号2017米軍基地発信の最新進路

それでは台風5号2017の米軍基地発信の
最新進路をご紹介致します。
米軍合同台風警報センター(JTWC)

下記の台風5号2017の米軍基地最新進路の
見方の注意点としては時刻の表記が協定世界
時の為、日本時間にあわせるには9時間を加
える事が必要です。

例:09/06Z=9日15時

引用:JTWC

台風5号2017米軍基地最新進路早見表

05/06Z 2017年8月5日15時の時点
05/18Z 2017年8月5日03時の時点
06/06Z 2017年8月6日15時の時点
06/18Z 2017年8月6日03時の時点
07/06Z 2017年8月7日15時の時点
08/06Z 2017年8月8日15時の時点
09/06Z 2017年8月9日15時の時点

表を御覧になっても分かるとおり
5日、6日の2日間は九州地方では
台風5号が停滞しており、激しい雨、風が
発生する恐れがありますので注意が必要です。

8月5日現在の台風5号の最新進路は九州、
奄美地方で大荒れとなっています

そして6日朝には九州地方に接近し、上陸する
恐れがあり、台風5号の特徴である、ゆっくり
としたスピードから、九州地方は大荒れの天気
が続く予報となっています。

6日~7日くらいまでは不要不急の外出は
避けたほうがよさそうですね。

九州地方では、河川の氾濫、土砂災害、浸水
被害などに注意して下さい。

台風5号2017概要と特徴

台風5号2017の概要と特徴について
かんたんにご紹介致します。

2017年台風5号概要

名称 NORU(ノルー)
大きさ —–
強さ 強い
存在地域 屋久島の南西約40km
中心位置 北緯30度00分
東経130度10分
進路方向 北北西
速さ ゆっくり
中心気圧 965hPa
最大風速 中心付近で35m/s
瞬間最大風速 50m/s

以上が台風5号の概要となります。
ここで注目して欲しいのが早さがゆっくり、
瞬間最大風速が50m/sであること。

これは長い間強い雨と風が台風5号の影響
により続くということです。

ちなみに例えるならば、風速10mでかなり
強い風を感じ、風速20mであれば大人が
立っていられないほどの強い風です。

2017年台風5号特徴

2017年台風5号の特徴としては
非常に強い勢力を維持し、以下の
4つの特徴を持っています。

  1. 台風5号はスピードがとても遅く、大雨
    や暴風が長引く恐れがある。
  2. 台風5号は勢力が強く、猛烈な雨風にな
    る恐れがある。
  3. 台風5号は目がくっきりしており風速50
    m以上、長い間強い勢力を保つ環状台風
    の可能性がある。
  4. 台風5号は湿った空気が広い範囲にわたり
    流れ込んでおり、台風5号から離れていて
    も、局地的に激しい雨風が発生。

以上4つが台風5号の特徴です。

環状台風というのが気になります。
環状台風というのは一年に一度ペースで
発生しており、過去には静岡県で
67.6m/sの最大瞬間風速が観測され、
多大な影響を及ぼした台風です。

まとめ

台風5号2017の米軍基地発信の最新進路を
確認していきました。

米軍基地発信の進路図を見ても分かるとおり
5日~週中の9日くらいまでは日本全土で
不安定な天気が続き、場合によっては、災害
等の危険が生じるかもしれません。

最大限の警戒が必要です。

この記事が気に入っていただけましたら
下記のSNSボタンでシェアしていただけると
今後の記事作成の励みになります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする