台風15号・米軍の進路予想【2017年8月28日更新】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年台風15号が発生した模様です。

2017年8月28日更新の最新の米軍の
進路予想をお送り致します。

追記:8月29日米軍進路更新しました↓

台風15号・米軍の進路予想【2017年8月29日更新】
ここでは台風15号・米軍の進路予想をお送り致します。【2017年8月29日更新】昨日の予報から大分台風15号の進路予想が明らかになってきました。台風15号の被害状況、今後注意すべき地域情報と共に確認していただき、お出かけの際の参考にして下さい。

追記:8月30日米軍進路更新しました↓

台風15号・米軍【2017年8月30日更新】進路予想 !
ここでは台風15号・米軍の進路予想をお送り致します(2017年8月30日更新)台風15号は徐々に巨大化する恐れがあり、関東、北海道地方に影響を及ぼす恐れがあります。米軍の進路予想と共に、天気や注意地域等のご紹介をしますのでお出かけの際にお役立て下さい。

9月1日以降の上旬は、本州に上陸する
恐れもありますので、進路予想に注目
しましょう。

それでは2017年8月28日時点での
台風15号の米軍予想進路と、発生した
ばかりですの特徴、概要などを
ご紹介致します。

台風15号・米軍の進路予想

早速台風15号2017の米軍の
進路予想をご紹介致します。
米軍合同台風警報センター(JTWC)

下記の台風15号2017の米軍進路予想の
見方の注意点としては世界協定時というもの
で米軍の台風情報は記載されています。

ですから表示の時間よりも9時間プラスして
見る必要があります。

例:20/08Z=20日17時

引用:JTWC

米軍の台風15号の進路予想図ですが、
まだ「たまご」(熱帯低気圧)の状態で、
台風と認定されるのは29日だと推定されます。

ちなみに2017台風15号の28日現在の
位置は硫黄島の南の海上のようです。
(2806Z)ですので28日15時の時点です

2017年台風15号概要

それでは2017年の台風15号のかんたんな
概要をご紹介致します。

名称 SANVU(サンヴー)
大きさ —–
強さ —–
存在地域 小笠原近海
中心位置 北緯20度00分
東経147度05分
進路方向
速さ ゆっくり
中心気圧 994hPa
最大風速 中心付近で18m/s
瞬間最大風速 25m/s

前回の大型台風NORU(ノルー)の
瞬間最大風速は50m/sでした。

現在たまごの状態の
2017年の台風15号SANVU(サンヴー)
勢力はこれからどの位の大きさになる
のかが注目されます。

30日、31日位の小笠原諸島では
雨、風共に強く高波などの荒れた天気が
続く恐れがありますので注意が必要です。

また、現在台風15号は北上を続けており
今後の米軍の台風進路予想に注意して
いきたいですね。

またあらたな米軍の進路予想が更新され
次第、ご紹介致します。

2017年台風15号特徴

2017年台風15号の特徴としては
まだ発生段階の為、情報が少ないです。

今後の米軍の台風15号の進路予想や
特徴に注意していきたいですね。

  • 28日15時には硫黄島南の海上にあって
    北北西へゆっくり進んでいます
  • 発達しながら、小笠原近海を
    北~北北西に進む見込みです。
  • 本州では1日以降に進路次第では上陸
    する恐れがあるので注意が必要。

以上が2017年の台風15号の特徴です。
日本に上陸せずにそれてくれればいいのですが。

9月上旬は船舶や空の便に影響が出る恐れが
ありますので、万が一に備えて、変わりの
移動手段などを用意しておいた方がいいかも
しれませんね。

備えあれば憂いなしですので!

ちなみに余談ですが台風が上陸した日本って
ビニール傘がアチコチに散乱する光景が目立ち
ますよね。

そこでどんな強風でも「折れない傘」
というのを見つけましたので、ビニール傘で
お金をもったいない思いをするよりもチェック
してみてはいかがでしょうか!?

暴風対応 傘 アンブレラ 長傘 耐風 手動 暴雨 強い 丈夫 頑丈 風に負けない 折れない傘 壊れない 強力 ◇S-190T

まとめ

台風15号の米軍の進路予想をご紹介しました。

詳しい情報は29日以降に発表されると推測
されますので、情報が更新されましたら、再度
進路予想を詳しく説明致します。

8月末~9月上旬は米軍の進路予想に注目して
いきましょう。

次は米軍と並び、最新の進路予想を伝える
ヨーロッパECMWFの台風情報の概要の記事を
お読み下さい↓

台風5号・ヨーロッパ発信の最新進路と被害状況【2017年8月6日更新】
猛威を振るう台風5号2017を、精度世界一ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の最新進路、今後の進路予測、そして現在の台風5号2017による被害状況を確認していきます。既に鹿児島県では死者、けが人が発生している模様ですので厳重に注意してください。

この記事が気に入っていただけましたら
下記のSNSボタンでシェアしていただけると
今後の記事作成の励みになります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする