9月23日に惑星ニビル衝突により人類滅亡!NASAの見解は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月23日に人類滅亡!?

驚くべき話題が今ネットに拡散しています。

なんでも正体不明の惑星ニビルという
地球の4~5倍の大きさの天体が今向かって
きており9月23日に地球に衝突すると
いうもの!

本当なのか色々と真相を確かめてみました!

9月23日に惑星ニビル衝突により人類滅亡!

9月23日に地球に衝突し、人類を滅亡させる
と言われている惑星ニビルが今話題になって
います。

日本ではそんなに、大騒ぎとまでいきません
が、アメリカでは9月23日人類滅亡説として
グーグルトレンド入りするほど、高い関心を
もっているようです。

惑星ニビルの質量は地球の20から25倍も
あり、大きさも地球の4~5倍あります。

そんな大きな惑星が地球に衝突するとならば
人類滅亡は免れません。
最悪、衝突しなくても滅亡レベルの被害を
負ってしまうことは間違いないでしょう。

ではなぜそんな大きな惑星ニビルは発見され
ないのでしょうか?

惑星ニビルはなぜ発見されないのか?

惑星ニビルとは、仮説上の惑星であって
実はまだ発見されていません。

そんな謎が多い惑星ニビルは惑星Xとも言われて
います。

なぜ発見されていないのか?

私達が見ている太陽は、実は双子の兄弟の
兄弟がいて、惑星ニビルはその二つの太陽
の引力に影響されている為に、全く
予測できない軌道をえがく為発見できない
ようです。

そして姿を隠し続けながら惑星ニビルは
太陽系、地球に接近し9月23日、衝突すると
言われているわけです。

9月23日・惑星ニビル衝突に関してNASAの見解は?

そんな危険な、地球に害を及ぼす惑星が
接近しているのであれば、アメリカ航空宇宙局
NASAが黙っていないはずです。

では9月23日に惑星ニビルが地球に衝突する
恐れがあることに対して、NASAはどのような
見解を示しているのでしょうか?

「言われているような話の根拠となる事実はない」
「その惑星があるならば、とっくの昔に発見されている」

はい、ごもっともな惑星ニビルに対する
NASAの見解です。

上記に記したように、二つの太陽の引力って
いうのもちょっと怪しすぎますし、今のNASAの
技術力ならば、地球の四倍もある惑星ニビルを
補足していないわけがありません。

しかしNASAが惑星ニビルを補足して
いたら、世界の混乱を招きかねないため、
惑星ニビルが9月23日に衝突するなどとは
言わないでしょうね。

惑星ニビル衝突の悲報に接したネットの反応は?

ここで惑星ニビルが9月23日に衝突すると
いうことで、ネットの反応はどうなって
いるのでしょうか?

ネットの反応は様々で、最近のメキシコでの
二度にわたる大地震、そして太陽フレアの
世界的な影響など様々な不可解な自然現象が
起きていることは確かです。

太陽フレアが地球に与える影響は?2017年9月8日発生【緊急警告】
緊急警告として、太陽フレアが2017年9月8日に地球に大きな影響を及ぼす恐れがあることがわかりました。時刻はおおよそ午後15時頃。この時間帯は大規模な停電や、通信障害が起きる可能性がありますので注意して下さい。そこで本日は太陽フレアとは何か?そして地球や生活に及ぼす影響について調べました。

これが9月23日に衝突し、人類滅亡させると
いう惑星ニビルの影響でなければいいのですが..

まとめ

9月23日に地球の4倍もの大きさがある
惑星ニビルが衝突し、人類が滅亡、そして
それに対するNASAの見解についてお伝え
しました。

そんな大きな惑星が衝突することにな
ったら、いくらNASAとはいえ何にも
なすすべはありませんよね。

9月23日の惑星ニビルが地球に衝突する噂が
ガセであってくれることを祈りましょう

次は、こちらも2017年に衝突の危機が
あった小惑星フローレンスの関連記事を
お読み下さい↓↓

小惑星3122フローレンスが9月1日に衝突?被害予測や可能性は?
心配なニュースが流れてきました。人類が観測を開始して以来史上最大の小惑星が再接近し、9月1日に地球に衝突する可能性があるということ。その小惑星の名は「小惑星3122フローレンス」。では衝突した場合の被害予測や衝突の可能性はどれ位なのでしょうか!?

この記事が気に入っていただけましたら
下記のSNSボタンでシェアしていただけると
今後の記事作成の励みになります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする