秋田駒ヶ岳に噴火の可能性!頻発する地震で花の宝庫に何が!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これも頻発する地震の影響でしょうか?

秋田と岩手にまたがる活火山の
秋田駒ヶ岳で火山性地震が頻発
しているようです。

監視カメラによる観測では
女岳で10mの高さの噴気を観測しており、
気象台でも注意を呼びかけいています。

そこで、本日は秋田駒ヶ岳の噴火の可能性や
現在の噴火警戒レベル、観光への影響などを
調べてみました。

秋田駒ヶ岳で火山性地震!噴火の可能性が!

9月8日の震度5強を記録した秋田県で
今後が心配な出来事が発生しました。

それは、秋田県仙北市と岩手県岩手郡雫石町
にまたがる、活火山の秋田駒ヶ岳に
火山性地震が頻発し、噴火の可能性があると
いうこと。(噴火警戒レベル1)

9月14日の8時~12時の間、
秋田駒ヶ岳で観測されている火山性地震の回数
は、なんと129回!4時間の間でこの129回と
いう火山性地震の回数はかなり多い方だと考え
ます。

9/14:08時から09時迄に3回
9/14:09時から10時迄に42回
9/14:10時から11時迄に65回
9/14:11時から12時迄に19回

なぜなら、御嶽山の噴火を例にとると
9月27日噴火の約2週間前には
火山性地震が増加し、50回ほどになって
いるからです。

この火山性地震の回数が秋田駒ヶ岳の
例と当てはまる訳ではないのですが、
いつまた震度5強クラスの地震がくるかは
わかりませんし、火山性地震が多くなったり
噴火警戒レベルが引き上げられるかは
わかりません。

御嶽山の噴火の例もありますし、これから
すずしくなり、登山客も増えている状況だと
思いますので念のため注意をしておきたい
ですね。

現在秋田駒ヶ岳の周辺では噴火警戒レベル1
を継続しているようです。

噴火警戒レベル1とは?

それでは秋田駒ヶ岳の噴火警戒レベル1とは
どようなものなのでしょうか?

警報等:
噴火予報

噴火活動の度合い:
火山活動はほぼ静穏だが、
火山灰を噴出するなど
活動状態に変動があり、火口内では
生命に危険が及ぶ可能性がある。

避難行動等の目安:
火口内では立ち入りの規制をする
場合がある。

引用:Wikipedia

これから東北地方整備局による
本格的な調査が始まるということですので
今後の秋田駒ヶ岳では、噴火警戒レベルが
引き上げられる可能性も多いにあります。

まだまだ、地震活動が収まっていないので
今後の秋田駒ヶ岳の様子に注意が必要です。

秋田駒ヶ岳の観光に影響する可能性も!

秋田駒ヶ岳はとても観光に人気のスポット
素晴しい山頂からの眺めと、北日本有数と
いわれる数百種の高山植物の宝庫です。

その他にも、日本で最も深い湖として有名な
「田沢湖」、「紅葉がきれいな抱返り渓谷」
「鶴の湯温泉」など魅力的な観光地が沢山
あります。

秋田駒ヶ岳の噴火の危険や、頻発する地震の
影響で、これからの紅葉シーズンに観光への
影響がでないことを祈るばかりです。

秋田駒ヶ岳が活火山だけに、本当に
心配ですね。

ちなみに秋田駒ヶ岳は記録があいまいな
時代ですので、本当の回数は信頼性に
かけますが噴火は4回ほどあったとのこと。

近年での秋田駒ヶ岳の噴火は
1932年と1970~1971年の2回です

秋田駒ヶ岳付近の観光スポットを訪れる際は
現地での生の情報などをしっかり確認する
ようにしましょう。

まとめ

秋田駒ヶ岳の火山性地震が増加していること
が判明しました。

火山性微動は観測されず、地殻変動にも変化
はないため、今後どうなるのかは今の所
わかってはいません。

しかし、今後の火山性地震の更なる増加や
噴火警戒レベルの引き上げなど、最新情報に
注意して起きたいですね。

噴火の可能性はまだないのかもしれませんが
備えあれば憂いなしですので!!

この記事が気に入っていただけましたら
下記のSNSボタンでシェアしていただけると
今後の記事作成の励みになります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする